09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年09月06日
ブログ

退去時の原状回復工事について(ペットの臭いやペットによる傷について)

退去時の原状回復義務の費用負担で揉めた経験があるオーナー様(貸主様)は多いと思います。

ご存知の方が多いとは思いますが、国土交通省住宅局発行の「原状回復義務にかかわるガイドライン」というのがあります。現在は、このガイドラインに則った費用負担をしなければなりません。つまり、このガイドラインに則っていれば、問題ないはずです。

※国土交通省住宅局発行の「原状回復義務にかかわるガイドライン」はコチラ

今回はペットの臭いとペットによる傷について

ペット可物件では、退去時に部屋の中に臭いがついていたり、柱や建具が傷になっていることがよくあります。

このペットの臭いやペットによる傷は、飼い主さんつまり借主に責任があることになり、借主の退去時の原状回復義務の一つにあてはまります。これは、国交省の「原状回復義務にかかわるガイドライン」にも明記されています。

ただし、必ずしもペットの臭いやペットによる傷について借主の全額負担というわけでもありません。

例えば、臭いに関しては、クロスの張替えで済むのであれば、経年劣化が考慮されるので、6年間住んでいれば、クロスの張替え負担はほぼ0になります。

ペットの傷に関しては、クロスの傷であれば、上記と同様に経年劣化が考慮されますが、柱や建具の傷は、経年劣化は考慮されないので、補修費は借主の全額負担になります。

ペットの臭いは自分では気付かない?

退去立会時に、ペットの臭いに関しては、基準が難しいです。おそらく借主本人はほとんど臭いに気付いていないと思います。

生活している中で、ペットを飼わなくても、部屋には必ず臭いというものがついていきます。本人たちは全く気づきません。なぜなら、臭いは少しずつついていくので、そこで生活をいれば、その臭いに少しずつに慣れていくからです。

ペットを飼っている人も同じだと思います。

退去立会時に、私自身もあまり臭いを感じず、あとで他のスタッフやオーナー様に臭いを指摘されることがあります。

ペットを飼う方は、臭いが部屋に染み付くものと考えていた方がいいと思います。どんなに消臭剤を使っても、意外と臭いが残ることがあります。つまり、退去時にはそれなりの原状回復を覚悟する必要があると思います。

ペット可物件では契約書の内容に注意!

ペット可物件を契約する際には、普通の賃貸借契約と違って、ペット用の内容が詳細に書かれている場合があります。

特に、特約に退去時の原状回復の負担について書かれていることがあります。例えば、「退去時に消臭代として〇〇円」や「退去時のクロスの張替費として○○円」というのがあります。

この場合には、上記のクロスの経年劣化が適用されない可能性が高いので注意して下さい。

関連記事

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp

この記事を書いた人
菊池 好礼 キクチ ヨシノリ
事業用・居住用賃貸物件の仲介、営業をメインに、居住用賃貸管理も行っています。最近、自宅時間が長かったせいか、この年になりYou Tubeにはまり始めました(笑)。You Tubeは若い人向けと思っていましたが、まさかこの年ではまるとは・・・。今は、元プロ野球選手たち、お笑い芸人、ストリートピアノ、ある漫画の考察動画のYou Tubeを見てしまいます。
arrow_upward