09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2021年12月03日
ブログ

2013年ワールドシリーズ制覇ボストン・レッドソックスの守護神である上原浩治さんは凄すぎ!エグすぎ!

先日、yahooニュースで、

米大リーグ機構公式サイトは「ポストシーズン(PS)に最高のパフォーマンスを演じた選手たち」を特集し、その一人に2013年にレッドソックスのワールドシリーズ制覇に守護神として貢献した上原浩治さんを選出した。

という記事を目にしました。

以前、「上原浩治というピッチャーは凄かった!とくに制球力が異常なぐらい凄かった!」という記事で、上原浩治さんのことを取り上げさせていただきました。

今回は、2013年にボストンレッドソックスがワールドシリーズを制覇するにあたって、上原浩治さんがどれだけ守護神として貢献していたか、どれだけ凄かったか、どれだけエグかったか、2013年だけに絞って、見ていきたいと思います。

最後の打者を三振に仕留めた後、キャッチャーに抱きかかえられて人差し指を空に向かって突き上げられているシーンは有名かと思います。

※写真を掲載したいけど、勝手に使うこともできないし・・・(泣

2013年にボストンに移籍

上原浩治さんがメジャーリーグ挑戦から5年目の2013年、ボストンレッドゾックスに移籍しました。

ボストンに移籍した時には、まだクローザーではなくセットアッパーで、2013年6月ぐらいからクローザーとして登板するようになりました。

この2013年の上原浩治さんの成績は、今風に言うと、エグすぎです。

特に、ポストシーズンのリーグチャンピオンシップ、ワールドシリーズでは圧巻の投球を見せました。

2013年のレギュラーシーズンの成績

上原浩治さんの2013年レギュラーシーズンの成績は、

登板 73試合  投球回 74 1/3  打者 265人 

被安打 33  与四球 9  奪三振 101  自責点 9

 

そして、

防御率 1.09    WHIP 0.57    K/BB 11.22

です。

これらの数字を見て、すでにエグさが分かる方もいらっしゃると思いますが、

防御率、WHIP、K/BBがどれほど凄かったか解説していきます。

防御率について

防御率は1試合(9イニング)あたりの自責点です。つまり、防御率1.09とは、1試合(9イニング)あたり1点ぐらいしか取られていないということです。

ただ、防御率に関しては、先発よりも中継ぎや抑えの方が低くなるので、例えば、大谷翔平選手やダルビッシュ有選手などの先発投手と比較するのもどうかと。

例えば、2021年のメジャーリーグの主な抑え投手の防御率のいい選手を見ると、

クリープランド・インディアンスのクレース投手が防御率1.29

ミルウォーキー・ブリュワースのヘイダー投手が防御率1.23

シカゴ・カブスのキンブレル投手が防御率0.49

 ※キンブレル投手はイニング数が少ないです。が、とてもいい投手です。

その他の投手は軒並み防御率は2点台から3点台。

これらと比較しても、2013年の上原浩治さんの防御率は凄かったことが分かります。

 

※日本の主な抑え投手のエグかった防御率

 藤川球児 2008年 防御率0.67

 佐々木主浩 1998年 防御率0.64

WHIPについて

WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched、「投球回あたり与四球・被安打数合計」)とは、1投球回あたり何人の走者を出したかを表す数値です。

野球における投手の成績評価項目の一つで、与四球数と被安打数の合計を投球回で割った数値です。

WHIP=(与四球+被安打)÷投球回

この2013年の上原浩治さんは、WHIPが0.57です。

この数字がどれだけ凄いか、日本を代表する抑え投手二人と比較してみます。

・佐々木主浩 1997年 WHIP0.70

       1998年 WHIP0.80

・藤川球児  2008年 WHIP0.695

どれだけ走者を出さずに抑えてきたか、首脳陣からするとどれだけ安心して任せられるか、つまりはどれだけ安定して抑えてきたかがわかります。

K/BBについて

「K/BB」とは、奪三振 (K:strikeout)と与四球 (BB:Base on Balls)の比率で、投手の制球力を示す指標の1つです。 3.5を超えると優秀と言われています。セイバーメトリクスと呼ばれる統計学の1つの指標で、最近ではメジャーでも重要視される指標です。

K/BB = 奪三振÷与四球

 

上原浩治さんのMLB時代の通算「K/BB」は7.33です。

実はこの7.33という数字はとんでもなく凄いわけです。

そして、2013年が「K/BB」が11.22というさらにとんでもない数字です。

ちなみに、この2013年は73試合で74 1/3回なげていますが、与四球が9つ、うち敬遠が2つです。つまり、与四球はたったの7つです。どれだけ制球がよかったか。驚くべき数字です。エグすぎです。

同じように、この数字がどれだけ凄いか、日本を代表する抑え投手二人と比較してみます。この二人はストレートとフォークを武器にバッタバッタと三振の山を築き上げてきた印象があります。

・佐々木主浩 1998年 K/BB6.00

・藤川球児  2008年 K/BB6.92

 

※ここで扱った「K/BB」については、「上原浩治というピッチャーは凄かった!とくに制球力が異常なぐらい凄かった!」でも扱いました。是非こちらもご覧ください。

2013年のポストシーズンはさらにエグすぎ!

2013年アメリカンリーグディビジョンシリーズの対タンパベイ・レイズ戦。

3試合に登板し、1敗2S。

投球回 3回 被安打1 奪三振4 与四球0 自責点1

 

2013年アメリカンリーズチャンピオンシップシリーズの対デトロイト・タイガース戦。

5試合に登板し、1勝3S。

投球回 5回 被安打4 奪三振9 与四球0 自責点0

このアメリカンリーズチャンピオンシップシリーズでは、上記のような圧倒的な数字で、救援投手ではMLB史上3人目となるMVPを獲得。

 

2013年ワールドシリーズの対セントルイス・カージナルス戦。

5試合に登板し、2S。

投球回 4回2/3 被安打2 奪三振3 与四球0 自責点0

第6戦の最終回に登板し、日本人初のワールドシリーズ胴上げ投手に。

 

ポストシーズントータル成績は、

13試合 12回2/3 被安打7 奪三振16 与四球0 自責点1

ポストシーズン歴代最多タイの7S。

個人的に見て、奪三振率は抑えの投手としていい方ですが、与四球0という数字が凄いです。上原浩治さんの制球力の凄さが垣間見える成績です。

ちょっと待って・・・与四球0ということは、「K/BB」が∞(無限大)になる・・・。

2013年は完璧なシーズン

上原浩治さんにとって、2013年は完璧なシーズンだったのではないでしょうか。

セットアッパー(中継ぎ)からクローザー(抑え)へシーズン中に変更になりましたが、常に制球力がエグく、安定感も半端なく、そして、ボストンレッドソックスにとって、ワールドシリーズ制覇のためにはなくてはならいピースの1つでした。

この年に上原浩治さんがボストンレッドソックスに移籍していなければワールドシリーズ制覇はなかったと言っても過言ではありません。

上原浩治さんに関する記事

この記事を書いた人
菊池 好礼 キクチ ヨシノリ
事業用・居住用賃貸物件の仲介、営業をメインに、居住用賃貸管理も行っています。最近、自宅時間が長かったせいか、この年になりYou Tubeにはまり始めました(笑)。You Tubeは若い人向けと思っていましたが、まさかこの年ではまるとは・・・。今は、元プロ野球選手たち、お笑い芸人、ストリートピアノ、ある漫画の考察動画のYou Tubeを見てしまいます。
arrow_upward