09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2021年06月04日
ブログ

賃貸物件では保証会社加入が必須条件となってきましたが、保証会社を選べるの?

賃貸物件を借りるとき、連帯保証人ではなく保証会社に加入が必須条件である物件は増えています。

民法が改正されてから、さらに輪をかけて証会社に加入が必須条件である物件は増えて、今では、連帯保証人はほぼない状態です。

では、借主は賃貸物件を借りるときに、保証会社を選べるのでしょうか。

家賃保証会社とは?

基本的には連帯保証人と同じです。契約者が家賃を滞納した時に、保証会社が大家さんに対して家賃を立て替えて支払います。

最近では、口座引き落としのシステムを導入している保証会社が多いため、お金の動きとしては、まず保証会社が契約者の口座から家賃を引き落とし、それを保証会社から大家さんや管理会社に送金します。この際、契約者の口座が残高不足で引き落としできなかったとしても、保証会社は大家さんに対して家賃を送金し続けるため、大家さんとしては安心です。

家賃保証会社の種類

保証会社といっても種類は様々です。大きく分けると以下の3つになります。

・信販系保証会社

・協力系保証会社

・独立系保証会社

 

信販系保証会社は、クレジットカードの信用情報をもとに審査を行っていきます。

協力系保証会社は、各保証会社が過去の滞納履歴など情報を共有することによって審査を行っていきます。

独立系保証会社は、まさに独立して審査を行っていきます。

部屋借りるとき、保証会社は選べるの?

では、部屋を借りようとするときに、保証会社は選べるのでしょうか。

結論から言うと、保証会社を選ぶことはできません。

これは、管理会社が利用している保証会社があるからです。極論すれば、物件ごとに保証会社が違うということです。

つまり、A物件が気に入ったから申し込む場合には、A物件の管理会社が利用している保証会社で審査をすることになります。

保証会社利用中に滞納履歴があった場合

様々な事情で引越しをしなければならない、もしくは引越しをしたいから、次の引越しを探し始めた時に、現在利用している保証会社に対して滞納履歴があった場合、引越し先はかなり狭められてしまいます。

詳しくはこちらから ⇓

家賃の滞納歴のある人は要注意!次の引越しに苦労するかも

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward