09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2021年03月02日
ブログ

賃貸物件で賃料などの条件交渉はできますか?

賃貸物件を探すにあたって、ちょっとだけでも賃料を下げてもらいたいと思い、賃料などの条件交渉をしたいという方も多いかと思います。

では、こうした条件交渉はできますか。

賃料等の条件交渉はできるのか?

賃料交渉ができるかできないかだけで言いますと、当然できます。

ただ、その交渉が成立するかしないかは分かりません。

どちらかと言えば、交渉が通らない場合が多いです。

最近の傾向で言いますと、ギリギリまで賃料を下げて募集している物件が多いので、賃料の交渉は難しくなっていると思われます。

条件交渉が通る可能性があるのは、物件の状況、内見をする際に案内してくれた不動産会社によって違ってきます。

条件交渉が通りやすい物件

賃料等の条件交渉が通りやすいかどうかは、物件次第という部分もあります。

この物件次第というのは、例えば、2LDKの築浅物件のような人気物件では、条件交渉はまず無理でしょう。賃料交渉することが逆に裏目にでることも。

例えば、築年数がそこそこ古く、空室期間が長そうな物件であるならば、条件交渉が通る可能性があります。

条件交渉がしやすい不動産会社

賃貸物件を内見する際には、不動産会社を通して内見をするわけですが、このときの不動産会社がその物件の管理会社の場合の方が、条件交渉がしやすいです。

管理会社の場合、大家さんがどういう人かも理解しているし、直接大家さんに交渉してくれるので、交渉の成立する可能性が仲介会社から行うより高くなります。

逆に言えば、大家さんがどういう人か理解しているからこそ、その場で交渉決裂ということもあります。

仲介会社を通して内見して、条件交渉をする場合、仲介会社が管理会社と交渉することになります。とすると、管理会社や大家さんからすれば、顔の見えないお客さんとの交渉になるので、お客さんがどういう人か分からず逆にわがままな人だという印象を与えてしまい、お客さんの要望は通りにくくなるということです。

 

※「賃貸物件探しの時は、なるべく管理会社を選ぶのだ!!

条件交渉は無理をしないように

条件交渉を必死にやるようですと、イメージが悪くなります。

大家さんや管理会社から見ると、あまり貸したくないという印象を与えることになります。

条件交渉は、言ったもの勝ちという部分はありますが、気に入っている物件での条件交渉は、言ってダメならすぐに引き下がることをお薦めします。

arrow_upward