09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年12月22日
ブログ

室内にカビが発生する!換気をちゃんとしていますか?

寒くなると暖房器具を使うようになり、結露が出やすくなります。結露を放置するとカビの発生原因となります。

建物の構造上、カビが発生しやすい部屋というものはありますが、そのうえカビ対策をしないでいるととんでもないことになります。

賃貸物件では、カビは借主の過失になります。

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、結露を放置したことにより拡大したカビ、シミは借主負担となっています。

賃貸物件に入居していれば、借主は善管注意義務を負います。結露を放置というものは、借主の善管注意義務違反ということになるわけです。

入居者によってカビが発生するか否かが違ってきます。つまり、まめに結露を取る方と、結露を放置する方がいるわけです。構造、部屋の方各、断熱材の有無、窓の構造など、様々な要因で結露の発生のしやすさというものはありますが、結露が発生しやすいから大変だ、結露が発生しやすいのは建物のせいだ、などとの言い訳は成立しないということです。

カビを放置した結果

これらの写真は、北側の1Kのお部屋の写真です。日当たりが悪く、というより日当たりがほとんどなく、構造は鉄筋コンクリート造です。

北側で日当たりが悪い部屋は、カビの発生率はかなり高いです。

様々な要因により物理的にカビが発生しやすいとはいえ、さすがにこれらは放置しすぎです。

この状態で何年も住んでいれば、病気にもなってしまいそうです。

カビを防ぐためにも、しっかりと換気をしましょう!

カビ防止には、とにかく結露はまめに取るようにしてください。結露ができやすい場所は、温度差が激しい所です。窓の周辺や玄関ドア周辺などです。

そして、大事なことはしっかりと換気をすることです。寒くなると換気がおろそかになる傾向があります。せめて、出かけている時は換気をしたままで空気の循環をよくするようにして下さい。

鉄筋コンクリート造の建物は、温度差が激しくなりやすいうえに、密閉度が高く空気の循環が悪くなります。つまり、このような状態で暖房をガンガンつけると当然ながら結露もガンガン発生することになります。

冬場は暖房をつけて換気をすると部屋がなかなか温まらないため、吸気口をすべて占めている方が多いと思います。本当ならば、吸気口は開けたままにしておくものです。

せめて、外出の時に、お風呂場の換気扇をつけたままにして、お風呂場の扉を少し開け、そして、部屋にある吸気口を全て開放するようにしてください。これをするだけでも、室内の空気は入れ替わります。

健康のためにも、しっかりとしたカビの防止対策をおススメします・

カビはお部屋のどこに発生しやすいの?さらにカビの防止対策は?

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

この記事を書いた人
菊池 好礼 キクチ ヨシノリ
事業用・居住用賃貸物件の仲介、営業をメインに、居住用賃貸管理も行っています。最近、自宅時間が長かったせいか、この年になりYou Tubeにはまり始めました(笑)。You Tubeは若い人向けと思っていましたが、まさかこの年ではまるとは・・・。今は、元プロ野球選手たち、お笑い芸人、ストリートピアノ、ある漫画の考察動画のYou Tubeを見てしまいます。
arrow_upward