09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年09月25日
ブログ

同棲していた入居者が退去した後

今日は今まであった賃貸物件での小咄を。

ある賃貸物件のお部屋に、若いカップルが同棲していましたが、半年ぐらいで解約の申し出があり、退去することになりました。

カップルの同棲ということは、赤の他人が同居していたことになります。契約者は彼女側で、退去の際に、過失がありました。

退去立会時に借主の過失があった

退去立会をしたとき、半年だけだったので基本的には綺麗な状態でした。

しかし、引戸のガラスにヒビがあり、また、壁のクロスに擦り傷があったので、これは借主の過失なので、敷金の精算の際に、敷金から引かせてもらうことを告げました。

敷金の精算書を送ると

この同棲のカップルは、彼女側が契約者で、過失部分は彼氏がやったものです。

精算書を送付したところ、「ガラスのヒビと壁クロスの擦り傷は、私ではなく同居人がやったものだから、同居人に請求してほしい」と。

言いたいことは分かります。

しかし、契約者はこの女性です。責任は全て女性にあります。同居人が過失を犯そうが、たまたま遊びに来た人が過失を犯そうが、全ては契約者です。

一応、「契約者が責任を負うことになるので、敷金から過失部分は引かせてもらいます。もし、納得がいかないのであれば、キズを付けた方にあなたから直接請求するようにしてください」と告げました。

お部屋内での過失は契約者が責任を負う

話を聞いていると、退去の理由は彼氏と別れることになったからであり、できればその彼氏と二度と口を利きたくないということらしいです。

気持ちは分かりますが、お部屋内での過失は全て契約者が責任を負うことになります。

同棲やルームシェアの際によくある揉め事です。

契約者となる方は、同居人がやったことまで責任を取るということを知ったうえで契約をするようにしてください。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

この記事を書いた人
菊池 好礼 キクチ ヨシノリ
事業用・居住用賃貸物件の仲介、営業をメインに、居住用賃貸管理も行っています。最近、自宅時間が長かったせいか、この年になりYou Tubeにはまり始めました(笑)。You Tubeは若い人向けと思っていましたが、まさかこの年ではまるとは・・・。今は、元プロ野球選手たち、お笑い芸人、ストリートピアノ、ある漫画の考察動画のYou Tubeを見てしまいます。
arrow_upward