09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年10月03日
ブログ

集合住宅の1階って実は・・・

マンションと言えば、高層階が人気です高層階からは眺めが良いですし、日当たりも良いですねヽ(・∀・)ノ

逆に1階は、"眺めが悪い"や"防犯上心配"などの理由から敬遠されがちです。でも、実は大きなメリットもあるのです。今日は、集合住宅の1階に住むのメリットについて、世代別に分けて考えてみましょう。

子育て世代のメリット

マンションで暮らしている以上、上下左右のお隣さんへの気遣いは必須です。生活時間も家族構成もバラバラの人たちが暮らしているので、お互いに思いやって暮らしていくことが大切ですね!

ただ、それが子育て中となると、毎日気遣いをしすぎてストレスが溜まってしまうこともあります。そんなに気を使っているともつゆ知らず、子供は自由に走り回ります。そんな時、マンションの1階暮らしならば、下階への気遣いは不要です。叱る機会も減り、余裕を持った子育てができるでしょう。また、生後間もない赤ちゃんとの外出、ベビーカーを持っての移動に、階段やエレベーターを使わなくてよいのも便利です。

子育て終了世代

子供が大きくなり、子育ても一段落。自分の時間を持てるようになった時、専用庭や広いバルコニーがあるのは、新たにガーデニングなどの趣味を始めることもできるため、とても魅力的です。

植物や盆栽を育てたり、家庭菜園をしたりと緑の多い環境を自分自身で作り出すことができます。天気の良い日には、テーブルやイスを出して、ゆったりと過ごすこともできます。また、休日にはBBQを楽しむことも(о♡∀♡о)

眺望が良いのは高層階ですが、1階はマンションにいながら一戸建てのようなライフスタイルを楽しむことができます。

シニア世代

若いうちは気にならない上下階の移動や、重い物を持ち歩くことなど、年齢を重ねるに連れて少しずつ大変になってきます(-ω- )

体調を崩して病院に行く時も、移動はなるべく短くしたいものです。そんな時、1階ならば階段を上下する必要もなく、エレベーターを待つ時間も必要ありません。出入りの便利さは1階ならではです。

また、災害時にエレベーターが止まってしまった場合でも、階段移動せずに避難することができます。長く暮らす住まいとして、移動距離や負担面を考えるならば1階がおすすめです。

メリットはある。ただ、防犯面はどうする?

マンションの1階住まいは防犯面で心配という声を聞きます。実際に中階層以上に比べると、1階の方が防犯面では不利だといえます。ただ、高層階に住んでいれば安心かというと油断はできず、屋上から侵入される可能性もあるので、何階に住んでいても、防犯対策を怠ることはできません。

マンションの空き巣被害の大体は、カギの掛け忘れとガラス破りとなっており、ガラス破りについては、手の届く範囲に窓がある1階の方が、中階層以上よりもリスクが高いといえます。

防犯対策としては、

・外出する時にはしっかりと戸締りをすること

・窓への防犯フィルム貼り

・お隣の住人などとのご近所付き合い

・玉砂利を敷く

を行うことにより、グッと安全性が高まります。

1階のお部屋も良いものです((o・д・)b

以上のことから、防犯対策をしっかりと行えば1階でも安心して暮らすことができることがわかりました。また、1階ならではのメリットというのもありますので、お部屋を探す際に1階も視野に入れて理想の住まいを手に入れましょう!

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward