09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年09月10日
ブログ

賃貸物件に温水洗浄便座が無かったら取付けてもいいですか?

賃貸物件探しの条件として、ひと昔前は、トイレと風呂別を条件にする人が多かったのですが、今では、これは当たり前で、さらに、温水洗浄便座付きを条件にする人が多く見られるようになりました。

しかし、まだまだ温水洗浄便座が付いている賃貸物件はそれほど多くなく、温水洗浄便座を自分で取付ける人が多いです。

そもそも、賃貸物件で温水洗浄便座を取付けることは可能なのでしょうか。また、取付や取外しの際に注意すべきことはなんでしょうか。

温水洗浄便座を取付ける際には必ず貸主の許可をとりましょう!

賃貸物件は、そもそも所有者または貸主のものですので、何かする時には貸主に確認をとることをお勧めします。

温水洗浄便座を取付ける際にも、必ず貸主に許可を取るようにしてください。

このときに、退去の際には、温水洗浄便座を取り外さなければならないのか、そのまま置いていっていいのかを確認しましょう。また、退去の際にも再確認をするようにしましょう。

経験上、退去の際には、温水洗浄便座を取り外して元の状態に戻すことが条件になることが多いです。

また、そもそも温水洗浄便座の取り付けが困難な場合があります。トイレに電源がない場合です。古い賃貸物件ですと、トイレに電源がないことがよくあります。この場合、トイレに電源をとるという工事費もバカにならないので、ほとんどの場合、許可が出ることはないと思われます。

温水洗浄便座を取付ける際の注意点「業者に頼もう!」

温水洗浄便座を取付ける際には、業者に頼むことをお勧めします。今では自分たちで付けることも可能ですが、自分で取付ける際には、水漏れがないように細心の注意を払って下さい。これは温水洗浄便座を取り外す際も同じです。

以前、自分で温水洗浄便座を取付け、取付後すぐに出かけてしまい、翌日帰ってきたときには下の階が水浸しになってしまっていたということもありました。

また、退去後に床が水浸しになっていたこともあります。退去前に自分で便器を元に戻す際に、締め付けが悪かったことが原因と思われます。退去立会時には水漏れが確認できないぐらい少しずつ水漏れしていたようでした。

温水洗浄便座を取付ける際の注意点「便座は保管しよう!」

退去時に元に戻すという原状回復義務が借主にはあります。おそらく温水洗浄便座の取り付け許可をとるときにも、退去時には便座を元に戻すよう言われると思います。

なので、必ず便座は保管しておきましょう。

温水洗浄便座のリモコン式の場合

温水洗浄便座にも、操作するボタンが本体に付いているか、リモコン式(壁に貼り付けるタイプ)があります。

リモコン式の場合は、壁に貼り付ける必要があるため、壁にビス穴が残ることになります。その際には、退去時には原状回復義務の一つとして、補修費がかかります。

なので、操作するボタンが本体に付いているものをお勧めします。

まとめ

以上、温水洗浄便座について、経験上よくある質問や、退去時の対応でよくあることをまとめてみました。

温水洗浄便座を取付ける場合は、

貸主の許可をとること、なるべく業者に頼むこと、便座は保管しておくこと、退去時には元の便座に戻すこと

これらを念頭に入れておくといいと思います。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward