09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年12月21日
ブログ

セ・リーグがDH制を導入検討⁉パ・リーグが強すぎるのはDH制を利用しているから?パ・リーグはセ・リーグより本当に有利なのか?

今回は、完全に私の趣味です www 不動産とは全く関係ありません。

以前、趣味で書いたブログはこちらです⇓

上原浩治というピッチャーは凄かった!とくに制球力が異常なぐらい凄かった!

 

今年の日本シリーズは、福岡ソフトバンクホークスが、セ・リーグでは圧倒的な強さで優勝した読売ジャイアンツを、2年連続スイープという圧倒的な強さを見せて幕を閉じました。

2年連続で福岡ソフトバンクホークスが読売ジャイアンツを4勝0敗で、さらには、福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズで12連勝となり、巷では、様々な憶測が飛び交っています。

日本人は、「ロジック」や「データ」を重視するよりも、「ムード」や「空気」に流されやすい国民性だそうです。

なので、数字を見てみることにしました。

ここ10年(2011~2020)の日本シリーズではパ・リーグが日本一を9回、ここ10年(2010~2019)の交流戦ではパ・リーグが優勝7回と、確かにパ・リーグがセ・リーグを圧倒しています。

そこで、パ・リーグがセ・リーグより強いのは、DH制のせいではないかという意見があり、ちょっと気になったので、分析してみました。分析とはいってもあくまでも過去のデータを見てみただけですが。時間の都合上、過去5年分を見てみました。

過去5年間でのパ・リーグの交流戦成績

2015年から2019年のパ・リーグから見た勝敗、勝率を見ていきます。

2015年 61勝44敗3分(勝率.581)

2016年 60勝47敗1分(勝率.561)

2017年 56勝51敗1分(勝率.523)

2018年 59勝48敗1分(勝率.551)

2019年 58勝46敗4分(勝率.558)

これを見れば、パ・リーグのほうが圧倒的にセ・リーグより強いことになります。

しかも、例えばソフトバンク対セ・リーグ、楽天対セ・リーグのように、パ・リーグのチーム別でみても、過去5年間のトータルでは、全てのチームが対セ・リーグで勝ち越しています(勝率が5割以上)。

パ・リーグの全チームが対セ・リーグで勝ち越しているのはビックリしました。これだけ見ればそりゃパ・リーグの方が圧倒的に強いでしょってなりますよね。

過去5年間でのパ・リーグの交流戦成績をホームとビジターに分けてみると

2015年から2019年のパ・リーグから見た勝敗をホームとビジターに分けてみます。

なぜ分けるかというと、パ・リーグのホームの場合はDH制を採用、ビジターの場合はDH制を不採用となるからです。

2015年 ホーム:35勝19敗0分  ビジター:26勝25敗3分

2016年 ホーム:32勝22敗0分  ビジター:28勝25敗1分

2017年 ホーム:33勝21敗0分  ビジター:23勝30敗1分

2018年 ホーム:33勝21敗0分  ビジター:26勝27敗1分

2019年 ホーム:27勝23敗4分  ビジター:31勝23敗0分

5年分    ホーム:160勝106敗4分  ビジター:134勝130敗6分

過去5年分を見ると、ホーム(DH制採用)ではパ・リーグは圧勝、ビジター(DH制不採用)ではややパ・リーグが優勢というところでしょうか。

ここから見えることは、普段慣れていないDH制不採用でもパ・リーグの方が勝ち越しているのだから、やっぱりDH制関係なしにパ・リーグのほうが強いのではないか。

または、DH制を採用するとパ・リーグのほうが圧倒的に強いということは、セ・リーグもDH制に慣れればもう少し勝負になるのではないか。

という見方だと思います。他にも見えてくることがあるかもしれません。

実はデータから見るとパ・リーグが強いのではなく・・・

2015年から2019年のパ・リーグの各チーム対セ・リーグの勝敗も見てみます。

福岡ソフトバンクホークス   ホーム:31勝12敗2分  ビジター:28勝16敗1分

埼玉西武ライオンズ      ホーム:28勝17敗0分  ビジター:21勝21敗3分

北海道日本ハムファイターズ  ホーム:27勝17敗1分  ビジター:20勝24敗1分

東北楽天ゴールデンイーグルス ホーム:25勝20敗0分  ビジター:22勝23敗0分

千葉ロッテマリーンズ     ホーム:26勝19敗0分  ビジター:21勝24敗0分

オリックスバッファローズ   ホーム:23勝21敗1分  ビジター:22勝22敗1分

 

福岡ソフトバンクホークス以外は、ビジターで五分五分か負け越しています。

福岡ソフトバンクホークスだけは、対セ・リーグの成績を見ると、とんでもなくズバ抜けています。

福岡ソフトバンクホークスの対セ・リーグの勝率は.678という驚異的な数字です。これは、パ・リーグで優勝したときの勝率よりも高い数字です。

つまり、パリーグがセ・リーグより圧倒的に強いのではなく、福岡ソフトバンクホークスがどのチームよりも圧倒的に強いという見方ができます。

福岡ソフトバンクホークス以外とセ・リーグはそれほど差がないのではないでしょうか。確かに、DH制を採用しているホームでは全チームが勝ち越しているので、DH制を採用に慣れているパ・リーグが多少有利という見方もあるかもしれませんが。

まとめ

いかがだったでしょうか。

少しだけ数字を見ていくと、感覚だけではない何かが見えてくるような気がしませんか。

数字上では、パ・リーグがセ・リーグより強いだとか、DH制を採用しているパ・リーグの方が有利だとかだけではなく、福岡ソフトバンクホークスがとにかく強いということが分かります。

では、なぜ福岡ソフトバンクホークスが強いのか。

この件に関しては、ダルビッシュさん、里崎さん、上原さんなど現役選手や解説者などが多くの動画を配信しています。これらを見ると、福岡ソフトバンクホークスが強さの秘密が分かってきます。

この記事を書いた人
菊池 好礼 キクチ ヨシノリ
事業用・居住用賃貸物件の仲介、営業をメインに、居住用賃貸管理も行っています。最近、自宅時間が長かったせいか、この年になりYou Tubeにはまり始めました(笑)。You Tubeは若い人向けと思っていましたが、まさかこの年ではまるとは・・・。今は、元プロ野球選手たち、お笑い芸人、ストリートピアノ、ある漫画の考察動画のYou Tubeを見てしまいます。
store

会社概要

藤伸興業株式会社
arrow_upward