09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年09月29日
ブログ

不動産に関する資格

不動産に関する資格と言えば、今や不動産会社に勤務する人の必需資格となりつつある“宅建(宅地建物取引士)”がありますが、実はこれ以外にもこんなにたくさんの資格があります。

今日は、その中でいくつかご紹介していきます。

宅地建物取引士

就職や転職に有利な資格としてよく耳にする"宅建"。不動産に関する資格となんとなくイメージは持っていても、具体的にどのようなことをしているのか?と聞かれるとご存じない方もいると思います。宅建とは一体どんな資格で、宅建士はどんな仕事をする職業なのでしょうか?まずは、宅建の概要についてご紹介します。

宅建や宅建士とは"宅地建物取引士"の略称で、国家資格にあたります。そして、この宅建士になるための資格試験を"宅建試験"といいます。

宅建士とは、"宅地建物取引業者"で働く従業員をイメージされると良いでしょう。宅地建物取引業者とはいわゆる不動産会社のことで、土地や建物の売買、賃貸物件の仲介、管理などを行っています。

不動産取引はとても高額で、お客さんの多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどないため、不当な契約を結んでしまうと思わぬ損害を被ることがあります。そのようなことがないよう、お客さんが知っておくべき事項(重要事項)を説明するのが宅建士の仕事です。そして、重要事項の説明をお客さんにできるのは宅建士だけです。まさに、不動産取引の専門家を示す資格といえるでしょう。

マンション管理士

マンション管理士とは、マンション住民間の規律を定めた法律である区分所有法や民法、不動産登記法などの特別な知識と能力を備えたマンション事務の専門職です。マンションのエントランスにいる管理人や単なる施設の管理会社とマンション管理士は違い、法律的な知識を備えた管理人がマンション管理士になります。 

また、マンションで生活する上で住民同士で発生するトラブルは付き物だと思います。その際に、住民の立場から相談に乗ってアドバイスを行います。

不動産の資格の中でも難易度が高く、毎年合格率が一桁となっております。

管理業務主任者

マンションには"管理組合"というマンションを管理するための組織が必ずあります。これは区分所有法という法律で義務付けられており、マンション購入者は必ず組合に入らなければなりません。

そして、その管理組合は、本来は管理組合で行う業務を"マンション管理業者"に委託しているケースがほとんどです。この"マンション管理業者"が円滑に業務をこなせるようにするのが管理業務主任者の仕事です。
 
マンション管理会社では、管理業務主任者を一定数以上配置しなければいけないと法律で定められています。マンションの住民で組織する管理組合が管理会社に管理を委託する際、法律的な知識を持った管理業務主任者が窓口にならなければならないので、マンション管理会社ではなくてはならない存在です。

マンション管理士と管理業務主任者は出題範囲が似ているため、ダブル受験する方が多いと思います。ただ、難易度は管理業務主任者の方が優しく、合格率は17%前後くらいです。

賃貸不動産経営管理士

今、不動産業界で一番アツい資格ですね( ゚д゚)乂(゚д゚ ) 

賃貸不動産経営管理士は、賃貸不動産管理のスペシャリストとして、貸主と賃貸不動産の管理業務を受託する契約から始まり、入居者の募集や契約業務により希望者を入居させ、入居中の建物の維持管理や不具合の対応、契約終了時の原状回復工事など様々な業務を担える知識を問われます。

現在は民間資格ですが、国家資格化しようと動きもでてきております。また、宅建と並んで非常に人気の資格であるため、合格率も年々下がっており、難易度が上がってきているのかもしれません。

その他にも、不動産鑑定士や建築士など様々な資格がありますが、今回は特にメジャーなものをご紹介致しました。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward