09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2021年04月30日
ブログ

徒歩○分という表示は、80mで1分が基準です・・・坂道、信号待ちは考慮されていません

不動産関連での距離表示、つまり駅徒歩○分のような表示は、80mで1分という基準が『不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)』で定められています。

最近、実際に物件を見ずに、契約しているお客様も増えているようです。そんなお客様の中で、駅まで○分で行かねぇじゃん!詐欺だろ!とクレームをつける方もいらっしゃいます。

この基準は、あくまでも平坦な道路を歩いた場合です。詐欺でも何でもありません。

すべての道が、延々と平坦なわけではないです。信号もあります。

昔は駅まで徒歩○分はインチキが多かった

昔は、駅まで徒歩○分という表示はインチキが多かった印象があります。

この業界に入る前の話ですが、地元の物件で、駅まで約2kmの物件の募集図面の駅徒歩15分という表示を見た時に、イヤイヤ絶対無理だろ!と心の中で突っ込んだこともあります。

ちなみに、2kmを15分で歩くためには、133mを1分で歩かなければなりません。これは早歩きどころか小走りです。

しかし、現在では、ほぼほぼちゃんと表示されています。

なぜなら、グーグルマップで見れば、どこからどこまでの距離が表示されてしまいますので、インチキが丸わかりです。

徒歩○分のような表示は、80mで1分という基準ですが

不動産関連での距離表示、つまり駅徒歩○分のような表示は、80mで1分という基準が『不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)』で定められています。

ところが、実際には、ほぼ徒歩○分では着かないことが多いです。

そもそも、80mを1分で歩くというのは、少し早めです。なので、当然歩く速度は人それぞれなので歩くのが遅い人は徒歩○分では着かないですが、これが原因ではありません。

例えば、駅まで信号もなく、延々と平坦な道ってありますか?そうそうないです。

不動産関連での距離表示、いわゆる徒歩○分というのは、信号もなく、延々と平坦な場合で計算されています。

グーグルマップでは分かりにくい山あり谷ありの道が結構あります

弊社のある川崎市宮前区では、平坦な道が少なく、山あり谷ありの道がほとんどです。

例えば、鷺沼駅からものの数分歩けば、山あり谷ありの道です。

宮前平駅から尻手黒川通りを歩けば、いくらか平坦ではありますが、尻手黒川通りを外れれば、山あり谷ありの道ばかりです。

グーグルマップのストリートビューで見ても山あり谷ありの地形は分かりずらいです。

物件探しの時は、自分の足で実際に歩こう!

最近、VR内見のように実際に現場に行かずに契約する方が増えているようです。

が、本当に大丈夫でしょうか。

部屋の中、間取りやキッチンの雰囲気などは画像や動画で確認できますが、駅までの道すじ、近隣の店舗までの道すじなどは、画像や動画では伝わりにくいのではないでしょうか。

グーグルマップのストリートビューでも、実際の高低差は分かりずらいし、信号待ちの長さはまるで分らないと思います。

 

駅まで徒歩10分だから、程よい運動でちょうどいい距離感だ!

ところが、実際に歩いてみると駅まで延々と上り坂。普通に歩いては10分で着かないし、夏場は駅までに汗びっしょり。

また、主要道路を渡るのに信号の待ち時間が異常に長い。

ということもあります。

 

東京都の隣にある川崎市には、山あり谷ありの地域が多いのです。

川崎市宮前区では、山あり谷ありの道が多い為、普通の自転車では走行困難で、電気自転車が圧倒的に多いです。中高生は普通自転車で頑張って坂道を登っていますが。

このように、全く知らない土地に行く場合は、面倒かもしれませんが自分の足で歩くことをお薦めします。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward