09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2021年03月26日
ブログ

滞納者がなぜ滞納をし続けるのか?滞納し続ける人をなくす方法は?

賃貸住宅において、家賃を支払うのは借主の義務です。

当たり前のことと言えば当たり前のことですが、世の中には、皆さんが思った以上に滞納する人がいます。

家賃を滞納する理由

家賃を滞納する理由は様々です。

うっかり振込忘れてしまった、仕事がなくなって支払えなくなってしまったなど人によって様々です。

そして、家賃を滞納する理由として、最も厄介なのが、家賃を払わなくても平気だというモラルの低い人です。

滞納し続ける滞納者

うっかり忘れてしまった入居者さんは、すぐに家賃の支払いを督促すれば、翌月からは今まで通りにちゃんと家賃を支払ってくれます。

仕事がなくなって生活が困窮している入居者さんは、ちゃんと話をして、今後家賃をどうやって支払っていくか、滞納分を分割などして支払っていくなどの話し合いをすれば、ちゃんと家賃を支払ってくれることの方が多いです。

問題は、家賃を払わなくても平気だという入居者さんの心理です。

こうしたモラルの低い人は、

・督促も来ないし、家賃を払わなくても平気かという心理になる人

・初めからモラルの低い人

の2パターンに分かれると思います。

幸ながら、私はいまだに「初めから家賃を払わなくても平気だ」というモラルの低い人には出会っていません。万が一、こういう人がいれば、3か月の滞納ですぐに出るとこに出てすぐにでも退去してもらう手続きをとるべきでしょう。

滞納をし続ける人に多いのは、督促が来ないから家賃を払わなくても平気になってしまう人です。

例えば、電気代やガス代などうっかり支払い忘れていて、あとで滞納の督促状のようなものがくれば、「まずい、すぐに払わないと」となるのが人の心理です。

つまり、家賃を滞納していればすぐに督促をすべきなのです。

滞納し続ける入居者をつくらない

家賃が滞納されているのに、督促を出さない大家さんは結構います。

しかし、この「督促を出さない」が家賃の滞納をし続ける入居者を生むことにもつながっていくのです。

 ※全く督促をしない大家さんの結末はこちら

  「家賃の未納!まさかの約3年分!

滞納があればすぐに督促を出す!ということをしていれば、滞納をし続けて何ヶ月分も滞納金を増やすことはそうそうありません。

家賃管理を自分でやっている大家さんは、必ず月末ないし月初に家賃が振り込まれているか確認してください。

そして、もし家賃を支払っていない人がいたらすぐに督促をして下さい。このすることにより、家賃を滞納し続ける人はほとんどいなくなると思います。

家賃管理を自分でできない大家さんは管理会社に任せることをお薦めします

自分で、月末ないし月初に家賃の支払いを確認して、家賃の支払いがない入居者に督促を出すという業務が煩わしいと思っていたり、忙しくてなかなかできないという大家さんは、家賃管理だけでも管理会社に頼むことをお薦めします。

管理会社に家賃管理を頼むことは、費用もかかりますが、何ヶ月も滞納し続けられて、回収不能となるよりはいいかと思います。

今後新たな入居者には連帯保証人ではなく保証会社を使うことをお薦めします

最近では、民法改正により、連帯保証人を付けることが面倒になったため、保証会社を使うことが圧倒的に多くなりました。

家賃を滞納する人には、家族関係が悪化し、家族にも頼れなくなるような人もいます。滞納したから連帯保証人に連絡をしても、この家族関係によりなかなか家賃が回収できないということも多いです。

そこで、連帯保証人を付けるのではなく、保証会社加入を必須にすることをお薦めします。

保証会社は、家賃の立替払いをしてくれます。入居者が家賃を支払わなくても大家さんには家賃が支払われるという仕組みです。滞納者には保証会社が回収をします。

大家さんによっては、保証会社加入はお金がかかるから入居者が決まらないのではと考える人もいます。このように考えているならば、保証会社加入の初回の費用だけでも大家さんが負担してみてはいかがでしょうか。保証会社加入の初回費用が借主負担にないというだけでも、差別化が図れます。

兎にも角にも、滞納し続ける滞納者をなくすためにも、保証会社加入をお薦めします。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

この記事を書いた人
菊池 好礼 キクチ ヨシノリ
事業用・居住用賃貸物件の仲介、営業をメインに、居住用賃貸管理も行っています。最近、自宅時間が長かったせいか、この年になりYou Tubeにはまり始めました(笑)。You Tubeは若い人向けと思っていましたが、まさかこの年ではまるとは・・・。今は、元プロ野球選手たち、お笑い芸人、ストリートピアノ、ある漫画の考察動画のYou Tubeを見てしまいます。
arrow_upward