09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年11月26日
ブログ

大家さんの「火災保険」について

大家さんは、当然のことだと思いますが賃貸物件に「火災保険」を付けていると思います。

ところが、火災保険を付けているだけで保険の内容まできちんと把握されている大家さんは少ないと思います。

極端な話ですが、火災保険という名称から火災しか適用されないと思っている大家さんもいるぐらいです。

ここ数年、地震、水害などの自然災害が多発してきました。こうした自然災害によるリスクに備えるために火災保険に加入しているわけですから、今一度、火災保険の補償内容について見直してみてはいかかでしょうか。

今回は、火災保険について、次回は、火災保険の自然災害以外の特約(オプション)についてです。

※※今回の内容はあくまでも一般的なことです。各保険によって異なる場合がありますので必ず保険の補償内容をご確認下さい。

大家さんが加入すべき「火災保険」とは

火災保険という名称から、火災しか適用されないと思っていた大家さんがいました。

火災保険は、火災だけではありません。落雷、風災、雪災、雹災、水災、破裂・爆発など、補償対象は多岐に渡ります。

火災保険には、除外できる補償内容があります

盗難、水災、物体の落下・飛来・衝突、給排水設備の不備による水濡れ損害水災などは除外が可能な補償内容となっており、大家さんによっては様々な補償内容となっていると思います。

保険料との兼ね合いがあるとは思いますが、100%必要ないという補償内容は別として、これらの補償内容はなるべく除外せず加入しておいたほうがいいかと思います。

ここ数年、地震、水害などの自然災害が多発してきました。自然災害により賃貸物件が全壊、半壊などの被害にあえば家賃収入がなくなり、借金だけが残ることになります。こうしたリスクに備えるもののひとつとして火災保険があります。

火災保険の補償内容は定期的な見直しをお勧めします

火災保険に加入したら安心だからこれで終わり、というわけにはいきません。長期間火災保険の見直しをしないでいれば、補償内容の不足がでてきたりして、いざというときには保険が機能しないという恐れもあります。せっかく高い費用をかけて保険に加入したのですから、無駄な保険にならないよう定期的な見直しをするようにしてください。

次回予告

次回は、火災保険の自然災害以外の特約(オプション)についてです。

 ※「大家さんの「火災保険」の特約(オプション)について」

家賃収入保証、家主費用、施設賠償責任、マンション居住包括賠償などです。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward