09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年10月10日
ブログ

離婚後のお部屋探し

離婚を理由にお部屋を探しに来る女性がたびたび来店します。その中でも母子家庭になる方が多いです。

離婚後のお部屋探しは大変です!

離婚後の女性のお部屋探しは大変です。

まずは、職業。パートだけだと収入面でネックとなります。

次に、物件の条件。今まで戸建や分譲マンションで生活してきたため、設備関係がネックとなります。

さらに、お子様の通学範囲の限定。お子様の学校の関係上、引越せる範囲が限定されるので、物件が限られてしまうということがネックとなります。

収入面からの物件探し

普通に仕事を持っている方は、この賃料条件はある程度の幅を持たせることが出来ると思います。

ところが、離婚後の女性の仕事がパートということがネックとなります。収入から考えると、どうしても賃料条件を落とさなければなりません。

例えば、パートの収入が月10万円で、賃料7万円の物件を借りる場合、子供手当や養育費などを加えたとしても、物理的に厳しいことになります。なので、保証会社の審査も結構厳しくなります。

設備の条件は今までの生活と同等は無理がある

上記のように、仕事がパートの場合は、賃料条件を落とさなければなりません。

今までと同等の生活をすることは、ほぼ不可能に近いです。賃料を落とすということは、部屋が狭くなったり、設備が乏しかったりということになります。

これを受け入れない限りは、なかなか引越し先が見つかりません。

子供の通学範囲

さらに、お子様がいると通学範囲内に条件が絞られます。

賃料は落とさなければならない上に、さらに立地条件がかなり狭い範囲で限定されるということは、物件数もかなり限られてきます。

その中から、物件を選ばれなければなりません。

つまり、上記のように、設備うんぬんと言っている場合ではありません。

まとめ

離婚後の部屋探しは、収入面と立地条件を最優先させなければならないと思います。

となると、限定された物件の中から選ばなければならないので、ある程度の設備不足は目をつぶるしかないと思います。ある物の中で、生活を工夫していくしかないと思います。

離婚後に母子家庭になる方は、経済面、精神面など様々な面で大変なことが多くなります。それに加えて、お部屋探しも大変なのです。離婚後の部屋探しは、それなりの覚悟をもって望んでいただければと思います。

arrow_upward