09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年08月01日
ブログ

1DKでゆとりをもった一人暮らしはいかがですか

一人暮らしの場合だと、たいていは、1Rや1Kといった間取を選択する人が多いかと思います。

 ※1Kや1Rについての記事はこちらから → https://toshin-k.co.jp/contents/444

意外や意外、1DKを探す人が増えていると言われている今日この頃です。

最新の設備を備えた築浅の1Kもいいですが、広く開放感のある1DKという間取を選択するのもありではないでしょうか。

1DKってどんな部屋?

1DKとは、4.5帖~8帖未満のダイニングキッチン(DK)と1部屋の居室がある間取です。1Kや1Rと違うのは、独立したダイニングキッチン(DK)があるため、調理や食事をする場所が居室(寝室)と分けることができるという部分です。

最近では、1DKという間取で賃貸物件を建築することはかなり減ってきています。1LDKの需要が高い為、この1LDKがメインとなってきました。

そのため、1DKという間取は、築年数がかなり経過した古い物件が多いです。しかし、古いがゆえに、家賃が安めになるというメリットがあります。

1DKの間取はこんな感じです。

〈具体例1〉

築年数の古い昔ながらの「THE 1DK」といった感じです。

〈具体例2〉

築年数の古い2Kを1DKのリノベーションしたタイプです。

〈具体例3〉

築年数の新しい最近の1DKです。このレベルだと家賃は高くなります。

 

※1DKの間取についての記事はこちらから

 → 一人暮らしで1DKってどう?1DKの間取特集!

1DKのデメリットって?

上記の間取を見て頂ければ分かると思いますが、1DKのデメリットは玄関を開けるとダイニングキッチンが丸見えという点だと言われています。

このデメリットに関しては、1Kでも玄関を開ければキッチンが丸見えという点で同じではないかと思います。

その他のデメリットとしては、築年数が古い為、最新の設備は望めないという点です。

1DKのメリットは?

1DKのメリットは、何と言っても、ダイニングキッチンと居室がそれぞれ独立しているということです。

まずは、料理好きの人にとっては、ダイニングキッチンが独立してあるため、ダイニングテーブルも置けるので、1Kに比べるとかなり料理の幅が広がります。

さらに、料理の匂いが気になる人は、ダイニングキッチンと居室を遮断できるため、食事はダイニングでとれるので、お薦めの間取になります。

関連記事

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward