09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年06月27日
ブログ

エアコン内部洗浄が火災の原因に

先日、ブログで「入居中にエアコンクリーニングはやったほうがいい?いや、やるべき!」という記事を掲載しました(6年半経過したエアコンの内部が恐ろしいほど汚かったという内容です)。

そして、先日の6月25日、NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)より、エアコンの内部洗浄(エアコンクリーニング)についての注意喚起がありました。

エアコンの内部洗浄(エアコンクリーニング)を推奨しましたが、エアコンの内部洗浄(エアコンクリーニング)についての注意点などの内容がなかったことと、この注意喚起が多くのメディアで取り扱われていてたので、今回、NITEによる注意喚起を掲載しました。

エアコンの内部洗浄による事故に注意

「今後、特に発生が心配なエアコンの事故は、誤った内部洗浄方法による火災事故です。2019年度までの5年間に20件発生しています。新型コロナウイルスの影響で、身の回りのものを清潔に保とうとする機運が高まっており、エアコンの内部洗浄を自ら行おうとする方が増えることが予測されます。しかし、内部洗浄方法を誤ると、危険な事故に至るおそれがあるため、エアコンの内部洗浄について注意喚起を行います。」

エアコンの内部洗浄の事故事例

「エアコンを洗浄した際、エアコンの内部配線端子部分に洗浄液が付着したため、端子部でトラッキング現象が発生し、異常発熱が生じて出火する事故が発生した。なお、取扱説明書には、「誤った洗浄剤の選定、使用方法で内部洗浄を行うと、発煙、発火する恐れがある。」旨、記載されている。」

エアコンの内部洗浄の注意事項

○エアコンの内部洗浄は正しい知識を持った業者に依頼してください。購入先である販売店、メーカーのサービス窓口などに相談してください。
○エアコン内部の洗浄を行う際は、絶対に電気部品に洗浄液がかからないように注意してください。
○発火・破損のおそれがあるため、消毒用アルコールなどの可燃性の溶液や次亜塩素酸ナトリウムなど腐食性のある溶液で内部の掃除をするのはやめてください。

※以上、NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)より

エアコンの内部洗浄は業者に

以上から、エアコンの内部洗浄を希望する場合は、業者に任せる方がいいと思います。

賃貸物件に入居中の方がどこの業者にやってもらうか迷ったら、一番のお薦めは、管理会社が提携している業者です。

というのも、エアコンの内部洗浄の業者が最近多くなってきており、素人のようなちょっと不安になるような業者もいるという話を聞いたことと、設備のエアコンは貸主所有のもので、管理会社の提携している業者がやったのであれば万が一何かあったときに対処しやすいからです。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

この記事を書いた人
菊池 好礼 キクチ ヨシノリ
事業用・居住用賃貸物件の仲介、営業をメインに、居住用賃貸管理も行っています。最近、自宅時間が長かったせいか、この年になりYou Tubeにはまり始めました(笑)。You Tubeは若い人向けと思っていましたが、まさかこの年ではまるとは・・・。今は、元プロ野球選手たち、お笑い芸人、ストリートピアノ、ある漫画の考察動画のYou Tubeを見てしまいます。
arrow_upward