09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年10月26日
ブログ

間取り図に表示されている面積

ネットでお部屋探しをする際には、希望の沿線や駅を指定すれば、条件に該当する物件の間取り図や設備などの情報を閲覧することができます。物件情報に記載されている専有面積は実際に利用できる部屋の広さとは異なっている場合もありますので、間取り図の見方や注意点などについてご紹介していきます。

壁芯面積と内法面積

物件情報を見る時に、必ず専有面積や間取りを確認すると思います。専有面積や間取りを見て、ある程度の部屋の様子を思い浮かべる方が多いかと。例えば、お部屋の専有面積が50㎡とします。では、この50㎡にはどこまで含まれているのでしょうか?専有面積について解説していきます。

専有面積を考える上で重要な測定方法に、壁芯面積と内法面積があります。

壁芯(かべしん/へきしん)面積というのは、"柱や壁の厚みの中心から測った床面積"のことを指します。通常、不動産広告で表示されている面積は、この"壁芯面積"です。

内法(うちのり)面積とは、"壁で囲まれた内側だけの建物の床面積"をいいます。壁や柱の厚みは含まずに、実際の住居スペースのみで計算した面積です。不動産登記法ではこの内法面積で測定し、登記簿謄本に記載されている面積は、この"内法面積"です。

間取り図で記載されている床面積は壁芯面積のため、実際に生活するために使えない部分も含まれていることに注意が必要です。そのために、お部屋を探す際には、自分が求めている広さよりも少し広めで探せば、理想のお部屋が手に入るかもしれません!

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward