09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年12月01日
ブログ

エアコンだけでは寒い⁉

そろそろ冬本番に突入する頃になってきました。

エアコンの暖房だけでは、寒い!と感じる人も多いようです。

エアコン以外の暖房器具はどういうものがいいのでしょうか。

賃貸物件での暖房器具の取り扱いなどの注意点も踏まえてご紹介いたします。

石油ストーブ・石油ファンヒーター

賃貸物件の入居者さんは、まずは、契約書類等に「石油ストーブ・石油ファンヒーター」などの「石油」を使った暖房器具の使用について禁止されているか確認してください。

昨今の賃貸物件では、貸主からの視点で言えば、火事が怖いことから、石油系の暖房器具が禁止になっていることが多いです。

 

エアコンの暖房よりも、石油系の暖房の方が断然温かいですよね。

昔ながらの石油ストーブであれば、やかんをのせておけば、温かいお湯はすぐ飲めるし、やかんから出る水蒸気で乾燥防止にもなるし、一石二鳥だったような気がします。小さいお子様がいるご家庭では、火傷をする可能性があるので利用することを控えている家庭が多いようです。

最近では、安全面を考慮し、石油ファンヒーターの方が需要が多いようです。

ファンヒーターなら、ガスファンヒーターもあります。

少し古い賃貸物件でも、ガス暖房が使えるように、部屋にガス口がある物件もあります。もし、これが使えるなら、温かさだけを考えれば、ガスファンヒーターはオススメかもしれません。

ホットカーペット

ホットカーペットは今では一番人気ぐらい、どこのご家庭でも使用しているように感じられます。

ホットカーペットは、足下から温まるので、好評のようです。また、手間もかからず、ローコストであることも需要が多い要因の一つなようです。

ただ、問題点があります。

ホットカーペットの場合は、低温火傷の注意があるぐらいの熱が出ます。つまり、この熱により、床が変形したり、変色したりなどの注意が必要になります。

特に、賃貸物件の入居者の立場からすると、もし、ホットカーペットを使用したことにより、床に何らかの変化をさせてしまったら、退去時の原状回復費がかさんでしまいます。特に、フローリングを変形させたり、変色させたりしたら、どえらい費用がかさむことになります

そこで、ホットカーペットの場合は、市販の断熱シートなどを敷くことをオススメします。さらに、ホットカーペットの上に重い家具を置かない、テーブルの下には当て板を置く、ホットカーペットの上にクッションや座布団を放置しないなどの注意も必要です。

コタツ

昔ながらのコタツは、いまだに人気です。電気代も安いし、入ればすぐに温まるという優れものです。

石油系の暖房だと、石油を入れるのが面倒だと感じる方には、コタツはオススメです。

ただし、ホットカーペットとの併用時には注意が必要です。コタツはホットカーペットの中央部に配置し、足には必ず当て板を置き温度調節はなるべく弱で使用したほうがいいです。

arrow_upward