09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年07月06日
ブログ

木造3階建てアパートが増えてますが、アパートってどうですか?

最近、木造3階建てアパートが増えてきました。木造アパートといえば今までは2階建てまでのイメージでしたが、現在は木造3階建ても建築できるようになり、少しずつではありますが増えています。

木造アパートのイメージは皆さんどうでしょう?

隣の声が聞こえそう、上階の足音が聞こえそう、地震に弱そう、などなど、マンションに比べてイメージが良くないかもしれません。

しかし、最近の木造3階建てアパートはそうとも限りません。

まずは、アパートとマンションの違い

アパートとマンションは、一般的には構造の違いよって分けられます。

アパートは木造、軽量鉄骨造で、マンションは鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造です。

この構造により、アパートよりマンションの方が、しっかりしている、地震に強そう、遮音性に優れてそうというイメージになります。実際には過去はこのイメージ通りだったかもしれません。

木造3階建てアパートのメリット

賃貸マンションに比べて賃料が安い!

アパートはマンションに比べて家賃が安いイメージがありませんか?まさにその通りです。なぜ安いかというと、そもそも鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて木造の方が建築費が安いからです。そのため賃料も安く設定されるのです。

木造2階建てアパートより耐震性能が高い!

木造3階建てアパートを建築する際には、火災や天災発生時に備えるための厳しい規制があります。そのため、耐震性能や耐火構造が意外としっかりとしているのです。

室内のレイアウトがしやすい!

鉄筋コンクリート造と違って、柱や梁がなく室内がスッキリとしています。なので、家具の配置がしやすく室内のレイアウトがスッキリとします。

木造ならではの住み心地の良さをもたらしてくれる!

構造部材を含めて木材で作られているため、木材の持つ通気性の良さや吸湿性が、季節変化のある日本においては適しています。

木造3階建てアパートのデメリット

木造アパートの最大のデメリットは、遮音性の低さといわれてきました。マンションに比べると隣の声が壁越しに聞こえてくる、上階の足音が聞こえてくると。

しかし、マンションも上階の足音は響いてくるものです。遮音性については、築年数や間取、壁の厚さ、床の厚さによって変わってくるので、アパートだからとは一概には言えないようです。

現在では、木造3階建てアパートは、準耐火構造にするために、面材の重ね貼りや断熱材の充填を基本とし遮音性が向上しているといわれています。

木造3階建てアパートも捨てたもんじゃない

今後、木造3階建てアパートも増えてくると思われます。さらに、木造3階建てアパートも進化し続けると思われます。木造3階建てアパートは2階建てアパートよりも今までのデメリットを解消していくと思われます。

実際に、築年数の新しい木造アパートを内見すると、過去のイメージより遮音性は良くなっていると実感します。

賃貸物件を探す際の選択肢として、木造3階建てアパートも残しておいてはいかがでしょうか。実際に内見をしてデメリットであろうこと確認してみてください。

もしかしたらいい物件に出会えるかもしれませんから。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward