09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年10月21日
ブログ

ふと思ったので調べてみました

最近になってようやく、わからないことや気になったことは色々と調べるようになりました。もし、子供の頃からこのような習慣をつけていたらもっと頭よくなっていたのかな?(σ´・ω・)

そんなわけで、今日はみなさんが一度は目にしたころがあるマークについてです。

これは何の意味があるのでしょうか?

ビルやマンションで見かける赤い三角マーク。デザインとして貼っているわけではないというのは分かるかと思いますが、どんな意味があるのでしょうか?

これは非常時に役立つ目印で、"消防隊進入口"または"非常用進入口"といい、建築基準法に基づいて設置された窓となっております。火災などの緊急時、消火や人を救出するような場合は、このマークの窓を破ってくださいという印です。そして、このマークは適当にペタペタ貼っているわけではなく、明確な基準があります。

その基準とは?

建築基準法で、建物の高さ31m以下の部分にある3階以上の火災時などの非常用進入口の設置が義務付けられております。

「なんで中途半端な31mなの?30mでいいじゃん!」と思うかと思いますが、これは、はしご車が届く高さがこのくらいまでということなんですね。

また、「進入口は道または道に通ずる幅員4m以上の通路その他の空地に面する外壁面に設ける」と定められており、ようするに、つける窓は幅4m以上の道路に面していることになっています。これもはしご車を止めることができることが条件だからです。

その他に、窓の大きさは、幅75cm以上、高さ1m20cm以上、床面から80cm以下に設けることと決まっています。それもこれも消防隊が進入しやすいように、作業がしやすいように、ということなんですね。

普段なんとなく眺めている建物ですが、街を歩いている時に見つけた時は「あ~これね!」と思って頂ければ幸いです。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward