Tel: 044-755-5565
09:00~18:00
毎週水曜日・第三木曜日 定休
2017年10月10日
ブログ

不動産の募集図面は隅々までチェック!!

誰もが一度は目にしたことがあると思われる不動産の募集図面。しかし、「難しい用語が書いてあったり、言葉がずらずら書いてあって見にくい」と思う人も中にはいるかと思います。そこで、募集図面の見方についてです(*゚∀゚)っ

まずは、家賃から

不動産の募集図面のフォーマットは特に決まっておらず、各社いろいろなデザインがありますが、家賃は大きく目立つところに書いてあるのが基本ですね。

賃料と管理費の合計が月々払う金額になります。また、駐車場や駐輪場を借りる方はその金額もプラスして支払うことにあります。そのため、お部屋を探す時も賃料+管理費で探しましょう。

間取り図を確認する時のポイント

なんとな~く見ている間取り図ですが、設備の配置をしっかりと確認しておきましょう。特に、室内扉の作りと向き、収納扉の作りと向き、浴室、洗濯機置き場などの場所が悪いと、部屋の使い勝手が悪くなることもあります。間取図から実際の生活をイメージをして、使い勝手を考えてみましょう。

そして、実際にお部屋を内見する時には扉の向きもチェックし、図面と違いがある場合にはその場で図面を訂正しましょう。

また、方角も図面には書いてありますが、再度お部屋で確認しおきましょう。

初期費用としてかかるものをチェックしよう

初期費用としてかかるのは、礼金・敷金・仲介手数料だけではありません。その他、火災保険料や鍵交換費用などもかかります。詳細な金額が書かれていない場合もありますので、その際には確認をしましょう。

"備考欄"見てますか?

大事なことなのに、小さく書いてあるんですよね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

例えば、初期費用として必要なクリーニング費用や消毒費、保証会社利用料が書いてあったり、「1年未満で解約の場合は違約金発生あり」などといった大事なことも備考欄に書いてあることがありますので、見落とさないように大変ですが全部見ましょう( ͡° ͜ʖ ͡°)

まとめ

お客さんに募集図面を渡して物件の紹介をしている時、僕の方から備考欄に書いてある事項を説明すると「あっ!そうなんですね」みたいなリアクションをされることが多いので、やはりそこまで見ていない方が多いのかなと思います。

親切な担当者であれば事前に説明してくれますが、賃貸の場合には事前に見積りを取る習慣があまりないので、物件を決めた後でないと初期費用の詳細を明かさないことが多いです。そのため、積極的に見積もりを取ってもらうようにお願いしていきましょう。

不動産屋に行ってもらう募集図面はいろいろなフォーマットで、小さい文字も多いので項目を確認するのが本当に大変です。しかし、今回上げた項目は必ず記載があるので、必ずチェックしましょう!

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

store

会社概要

藤伸興業株式会社
藤伸興業株式会社
arrow_upward