Tel: 044-755-5565
09:00~18:00
毎週水曜日・第三木曜日 定休
2017年10月12日
ブログ

保証会社ってどんな会社?

お部屋を借りる際には、連帯保証人か保証会社のどちらかの利用が必要となります。連帯保証人はご存知かと思いますが、保証会社とはどんな会社なのでしょうか?その役割についてのお話です。

保証会社とは?

基本的には連帯保証人と同じです。契約者が家賃を滞納した時に、保証会社が大家さんに対して家賃を立て替えて支払います。

最近では、口座引き落としのシステムを導入している保証会社が多いため、お金の動きとしては、まず保証会社が契約者の口座から家賃を引き落とし、それを保証会社から大家さんや管理会社に送金します。この際、契約者の口座が残高不足で引き落としできなかったとしても、保証会社は大家さんに対して家賃を送金し続けるため、大家さんとしては安心です。

ちなみに保証会社については、連帯保証人が頼めないような人が利用するもの、というイメージが強かったのですが、最近では保証会社の方が簡単で確実に滞納家賃が回収できるというメリットから、保証会社の利用を義務付ける物件が増えているようです。

保証会社の審査

保証会社がどのような審査をしているのか。これは結構気になる方がが多いと思います。ただ残念なことに、どのように審査をしているかについての詳細は分かりませんし、審査に落ちてしまった時の理由について聞いても教えてもらえません。

おそらくお部屋の審査の時と同様に、基本的には"年収"や"勤続年数"などで判断されていると思います。その他、勤務先に勤めているか確認が行われるのも一般的です。

保証会社としても、"家賃滞納"はなんとか避けたいものなので、そういうこともあり、審査は通常の不動産屋の審査よりは少し厳しいものになります。ただ、年収で家賃が払える見込みがあれば、ほとんど審査が通っていますので、そんなに心配する必要はないかなと思います。

保証会社を利用すると、初期費用が高くなります

初期費用をなるべく抑えたことを理由に、できれば保証会社ではなく連帯保証人で契約をしたいなんて思う方もいると思います。確かに保証会社を利用する時には、契約時に払う費用が増えます。

この費用は、保証会社によって異なり、月々に支払う家賃の合計額の20%~100%の設定額で、色々と決められています。

ここから当社で利用している"日本賃貸保証"を例に挙げてみます。

いくつか商品があり、そこの"JIDトリオN"という商品を主に使っております。この商品の初回保証料が50%となっておりますので、家賃50,000円 管理費2,000円の賃貸物件に入居するとして、これにかかる初回保証料は

(50,000円+2,000円)×50%=26,000円となるわけです。

更新料もかかるんです

保証会社を利用することになると、賃貸の更新料とは別に"保証会社への更新料"がかかります。こちらの金額についても様々で、2年後の更新時に家賃総額の30%の場合もあれば、1年毎の更新で10,000円という保証会社もあります。

連帯保証人が用意できれば理想ですね

保証会社を利用すると初期費用などで負担が増えてしまい、入居者にとってはあまりメリットがありません。連帯保証人が用意出来る場合であれば、利用しない方がいいと思います。

しかし、最近の傾向として"保証会社利用必須"という条件の賃貸物件が増えてきています。連帯保証人が用意出来るのに、保証会社を利用するのははっきり言って勿体無いと思いますので、この辺りの条件もよく見ながら、お部屋探しをしていきましょう!

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

store

会社概要

藤伸興業株式会社
藤伸興業株式会社
arrow_upward