09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2018年09月27日
ブログ

家賃を補助!?"特定優良賃貸住宅"って?

収入があまり多くない世帯や、何かとお金のかかる子育て世帯などを対象に、国から家賃補助が受けられる"特定優良賃貸住宅"を知っていますか?

今日は、特定優良賃貸住宅(=略して"特優賃"とも呼びます)のメリットや入居資格などについてお話していきます。

特優賃とは?

国や地方自治体の家賃補助が受けられる賃貸住宅のことです。

住宅供給公社あるいは民間の不動産会社が所有する良質な住まいの提供を目的とした公的な制度です。家賃補助は国からオーナーに支給され、本来の家賃との差額を入居者が負担します。

特優賃では、最長20年間にわたり家賃の一部が補助されます。補助割合については毎年下がり、年数が経つにつれて入居者負担額が増加してく仕組みとなっております。
ただし、補助を受けられる期間が終了しても、入居者負担額が本来の家賃を超えることはありません。なお、管理費や駐車場代は補助の対象外です。

また、特優賃では所得金額に応じた補助金の区分が定められています。補助割合の算定のために、所得を証明する書類の提出が毎年必要です。

収入の増加により補助金の区分が変化した場合でも、負担額が急激に上がることのないよう段階的に変化させる緩和措置があります。将来的に世帯所得が大きく増加した場合は、家賃補助の対象外となる場合もありますが、住宅を退去しなければならないわけではありません。

入居条件があります

主に中堅程度の収入のあるファミリー層の家賃負担軽減を目的とした公的な制度です。誰でも入居できるというわけではなく、申込みにはいくつかの基準を満たす必要があります。

・申込者が成人である(婚姻済であれば未成年も可)
・入居予定者全員が日本国籍を有しているか、外国人登録を受けている
・自ら入居するために住まいを借りたい(持ち家がある人は原則不可)
・連帯保証人を立てることができる(保証会社の利用が可能な場合もあり)
・住民税を滞納していない
・収入があり、基準に適合する(世帯の月額所得20万〜60万1千円)
・同居予定の親族がいる(単身者は原則不可)
・現在同じ地域の特優賃に入居していない

上記はあくまでも一例で、申込み条件は地域ごとに異なります。

特優賃のメリット

特優賃に入居する際には"礼金"と"仲介手数料"が不要で、"敷金"と"前家賃"のみの負担となるため、入居時の初期費用を大幅に抑えることができます。

また、一般的な賃貸住宅は2年ごとに契約更新となり、更新料として家賃1ヶ月の支払いが必要ですが、特優賃では更新料が不要のため、住まいのコストが軽減できます。

金銭面でのメリットが大きいですね!

探し方は?

各地方自治体のウェブサイトでは、特定優良賃貸住宅を提供する住宅供給公社や民間の不動産会社を紹介しています。役所の窓口に直接相談するのも良いでしょう。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward