09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2018年09月07日
ブログ

賃貸物件でエアコンを付けたい!!

賃貸物件に入居していて、エアコンの新規設置や増設を希望する場合には、原則としてオーナーの許可が必要です。

今日は、「取り付け費用は誰が負担するのか?」「 元々設置してあるエアコンを新しい物に交換したい時はどうすればよいのか?」など、賃貸物件におけるエアコン設置に関するお話をしたいと思います。

賃貸物件でエアコンを勝手に設置するのはダメ!

以前も他のブログでお話をしたような気がしますが、設備を取り付ける際にオーナーや管理会社に無断で取り付けることは基本的にルール違反となります。

それはエアコンも同様です。なぜなら、エアコンの取り付け工事を行うためには、室内機を固定するために壁に穴を開けたり、エアコン用のコンセントを増設したりと、物件を傷つける行為が含まれるからです。

エアコンを取り付けることが目的であったとしても、取り付け後にオーナーや管理会社とのトラブルに発展しないためにも、エアコンを設置してもよいかを事前に確認しましょう。特に、壁に配管用の穴を開ける必要がある場合は、開けてもよい位置の確認をしっかり取ってから工事依頼をする必要があります。

設置する際の注意点

設置工事のためにエアコンをお部屋へ持ち込んでも、「物件の構造上の問題」や「配管穴がない」「室外機を置くスペースがない」「エアコン用のコンセントが無い」などの理由により、設置場所が確保できないからエアコン工事ができないと断られてしまうケースがあります。

自分で取り付け工事を依頼する場合は、お部屋が設置できる状態かどうかを確認し、オーナーに取り付け許可を取ってから工事を進めるようにしましょう。

また、賃貸物件の中にはエアコンが設備として備わっていたり、前の入居者が取り外さずにそのまま置いていったエアコンを使用できたりすることがあります。「エアコンを買わずに済むからよかった」と思う人も多いかもしれませんが、型の古いエアコンだと、月々の電気代が予想以上に高くなることがあります。

そして、エアコンが物件の設備である場合は壊れた時に取り換えてもらえますが、前の入所者が購入したものだった場合は自分で修理・処分しなければなりません。入居検討中の物件でエアコンが取り付けられていたら、前の入居者の残留物なのか、物件の設備だったら何年前のものなのかを確認することが大事です。

退去時に修繕費用を求められないかの確認を必ず!

エアコンの取り付け台数に特に制限が無い物件でも、新しくエアコンを取り付けるにあたって確認しておきたいのが、「退去時の修繕費用について」です。配管穴がない場所にエアコンを取り付ける場合、やむを得ず壁に穴を開ける必要がありますが、この工事によってできた穴や傷によって、退去時に修繕費用を求められるという可能性があります。

賃貸借契約では借り手側が負う義務の中に『原状回復義務』というものがあり"原状回復をめぐるトラブルとガイドライン"において以下の様に定めています。

「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」

つまり、これは借りた当時の状態に戻す義務ではなく、通常の住まい方で生じる色落ちや凹み、ビス穴などを綺麗にするための負担は貸し手側の負担となり、手入れを怠ってしまたり、用法違反や通常の使用では考えられない設備の毀損や破損については借り手側が費用負担する必要があるということです。

ここまで色々お話してきましたが、いずれにしても賃貸物件は他人の財産ですので、設備を新しく取り付ける際はオーナーに確認を取れば良いのです。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward