09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2018年08月31日
ブログ

家賃の支払いはクレジットカードで

家賃の支払い方法は、オーナーの銀行口座に振り込むか、口座引き落としされるケースが一般的です。しかし最近では、クレジットカードで支払うとポイントやマイルが貯まることから、家賃もカード決済にしたいという人が増えてきているようです。

今回は、家賃をクレジットカード支払いにするメリットや注意点などのお話です。まずは、メリットをいくつか挙げていきます。

ポイントやマイルが貯まる

クレジットカードで決済をすると、決済した商品やサービス、そして金額に応じてポイントやマイルが貯まります。

また、クレジットカードの種類によっては、ポイントが貯まると提携しているお店や通販サイトで使えるようになります。最近では、貯まったポイントを他の会社のポイントに移行できるようになったため、さらに利用しやすくなっています。

家賃を払い忘れることがない

銀行振込で家賃を支払っている場合、忘れてしまい、期日を過ぎてしまうことがあります。また、口座引き落としにしていても、万が一残高不足になれば、気がつかないうちに家賃を滞納してしまう恐れがあります。

その点、家賃をクレジットカードで支払う場合は毎月自動的に決済されるため、滞納することがありません。

支払いの統一化

クレジットカードで家賃を支払うことで、支払いを統一することができます。例えば、電気代、ガス代、水道代などと同じクレジットカードで家賃を支払えば、月々発生する固定費の支払いを統一できるため、毎月の家計を管理しやすくなります。

クレジットカード払い対応の物件が増える可能性は?

現状はまだそこまで普及していない家賃のクレジットカード払いですが、今後は少しずつ増えてくる可能性も予想されています。

貸主にとってクレジットカード手数料の負担が大きいのは事実ですが、その一方で、カード会社を経由すると確実に家賃が入金され、未払いを防げるというメリットがあります。

クレジットカード払いでは、必ず決められた日にカード会社から貸主に対して家賃が支払われます。そしてその翌請求月に、カード会社が借主に対して請求をします。つまり、カード払いであれば、借主が支払えるかどうかに関係なく必ず入金される"滞納保証"の状態になるのです。

これは貸主にとって非常に大きなメリットとなるため、規模の大きな管理会社を中心に、今後クレジットカード払いが増えていく可能性はあるでしょう。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward