09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2018年04月23日
ブログ

電気・ガス・水道や役所への届け

引越しの時は、お部屋探しの他に、荷造り・荷ほどき以外にもすべきことが多く忙しいものです。中でも忘れてはならないものが、電気・ガス・水道などインフラの使用開始手続きです。新居で引越し当日からこれらを利用するためには、事前の申込みが必要となります。

今回は、手続きが必要な届け出の種類ごとに、申込み時期の目安や手順をまとめてみました。

電気・ガス・水道の使用停止

まず、退去するお部屋で利用している電力会社・ガス会社・地域の水道局に連絡し、利用停止の申込みをします。できれば1週間前、遅くとも引越しの3~4日ほど前までには、手続きを済ませます。

現在は、電話や郵送のほか、ウェブサイトからも申込みが可能です。その際には、検針票や領収書に記載されている"お客様番号"を手元に用意しておくとスムーズに手続きできます。また、電気・ガス・水道のいずれも、使用停止にあたり作業員の立会いは不要です。

電気の使用開始

引越しの1週間前までを目安に電力会社に連絡をして、使用開始の申込みを行っておきましょう。原則的に使用開始の際の立会いは不要ですが、エコキュートや電気温水器などがある住宅の場合は、作業員による通電作業が必要です。スイッチを入れても通電しない場合は、ブレーカーのレバーが下がっていないか確認しましょう。

ガスの使用開始

地域の都市ガス会社あるいはプロパンガス会社に申込みをしておきます。ガスの使用開始にあたっては、開栓作業とガス機器の点検のため、作業員の立会いが必要です。遅くとも3~4日前まで、引越しの集中する年度末であれば1~2週間前までに連絡し、使用開始作業の希望日を予約しましょう。

また、都市ガスは地域によって種類が異なるため、旧居で使用していたガス機器が新居では使用不可能なケースもあります。荷造りしてしまう前にウェブサイトなどで確認しておきましょう。

水道の使用開始

できれば引越しの1週間前まで、遅くとも3日ほど前には、地域の水道局に使用開始の申込みをしておきます。使用開始の際、原則的に作業員の立会いは不要です。

使用開始の手続きをしたのに水が出ない場合は、元栓が閉まっている可能性があります。元栓は水道メーター内にあるので、レバーを回して開栓しましょう。

転出届・転入届・転居届の提出

引越しの際は、自治体への届け出による住民票の移動が必要です。あらかじめ旧居の市区町村役場に"転出届"を提出しておき、引越し後は14日以内に新居の役場に"転入届"を提出します。

同じ市区町村内の引越しであれば、"転居届"となります。住所が変わる際の役場への届け出は“住民基本台帳法”で定められた義務です。

旧住所で印鑑登録を行っている場合は、転出届を提出した時点で抹消となります。印鑑登録が必要な場合は、新住所の役場で新たに手続きをしましょう。

郵便物の転送サービス

郵便局に"転居届"を提出すると、旧住所宛ての郵便物を新しい住所へ無料で転送するサービスが1年間利用できます。転居前からも引越し後からも手続き可能ですが、転送が開始されるまでに1週間ほどかかる場合があるので、早めの申込みがおすすめです。

最寄りの郵便局の窓口へ出向き、旧住所が記載された書類と運転免許証や保険証などの本人確認書類を提示します。パソコンまたはスマートフォンとメールアドレスがあれば、ネット上からの申込みも可能です。

転送サービスの利用にあたり、転居の事実を確認するため新住所あるいは旧住所に日本郵便の社員が訪問することがあります。

以上をまとめると

・遅くとも引越しの3~4日前までにインフラの使用停止申込みを行う

・電気・水道の使用開始は原則的に立会いが不要

・ガスの開栓には作業員の立会いが必要

・住民票の移動は引越し後14日以内に行う

・新住所への1年間の郵便物転送サービスは無料で利用できる

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward