09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2018年03月11日
ブログ

住居兼事務所ってできるの?

自宅とは別に事務所を借りるのは、契約金や毎月支払う家賃などで大きな負担になるため、現在住んでいる自宅を事務所にしたいと考える人もいると思います。

もし自宅を事務所にしようと考えている場合に、そもそも可能なのか?また、郵便受けや看板に社名を入れてもいいのかなど、迷うこともあるかもしれません。

居住用の賃貸物件は事務所利用OK?

まず、「居住用」の定義ですが、賃貸マンションの場合国土交通省の標準管理規約の内容によると・・・

・生活の本拠としていること

・生活の本拠であるための必要な平穏さを保っていること

となっております。それを守っていれば、個人経営の事務所などに関しては、容認されると考えられているようです。

現在住んでいるお部屋を事務所として利用したい場合

事務所として利用できるかどうかは、物件のオーナー様次第です。オーナー様がその物件を事務所利用可能にしているかは契約書に記載されていますので、まずはそこを確認しましょう。

契約書に記載がないけど使用をしたい場合には、管理会社を通じてオーナー様に相談をしてみてもいいでしょう。もしかしたら利用できる場合もあり得ます。

これから事務所利用可能な賃貸物件を探したい場合

事務所として利用可能な物件探しは、貸事務所ではなく、普通のマンションなどで"事務所可"の物件を探します。アットホームやLIFULL HOME’Sなどのポータルサイトで探したり、不動産会社に相談してみるといいでしょう。

ただ、業種・業態によって借りられる、借りられないが分かれる可能性があるので、必ず確認することが大切です!

どのような業態なら住居兼でも可能なことが多い?

戸建の賃貸住宅であれば来客や業者の出入りが頻繁にあってもオーナー様は問題にしないかもしれませんが、マンションだと他の住人の方もいるので、不特定多数の方が出入りするような業種はNGになることが多いです。

事務所として利用可能な物件を探す上での注意点

・事務所利用可能かどうか。また、その業種が可能か。

・社名や看板など物件の周りに出していいか。

・居住契約か事務所契約か。契約更新や保証金の有無など契約内容も変わってくるので、確認が必要。

改めて、確認は慎重に!

これから事務所として利用できる物件を探す際には、居住用でも事務所用でも、業務が希望通りできるかどうかを確認し、あとでトラブルにならないようにしておきましょう。もし、オーナー様に断りなく勝手に事務所にしてしまうと、トラブルの元になりかねないので注意が必要です。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward