09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年10月06日
ブログ

不動産会社の定休日はなぜ水曜日が多い?

7月や8月の暑さが嘘だったかのように、10月に入ってから寒い日が続いております。そして、今日は一段と寒いですね(((=ω=)))今日はちょっと雑学的なお話をしようかと思います。

一般的な企業に勤める方は土日祝日休みが多いと思いますが、我々のようなサービス業の仕事をしている方は、土日祝日が忙しくなるため休むことができません。これは、土日祝日の休みの日を利用して内見や契約、打ち合わせなどを行うからですね。

となると、定休日を設けるとしたら必然的に平日になります。では、月曜日~金曜日の5日間の中で、なぜ水曜日を定休日にするのでしょうか?

結論からいいますと・・・

 理由の一つとして、この業界は縁起を大事にするからです。

冠婚葬祭業界が大安などお日柄を気にするように、不動産業界も縁起を大事にする業界です。例えば、契約や引渡しの日、地鎮祭など行事ではお日柄が良い日を選ぶことが多いですね!

それでは水曜日はどういった理由からなのでしょうか?水曜日は"水"という漢字がついています。この"水"から連想できることは、"契約が水に流れてしまう"といった縁起の悪い表現。こうした縁起の悪い日は休みにするべき、ということで定休日となったといわれています。

また、水曜日の他に火曜日も休みにしている会社もあります。その理由も水曜日休みと似ており、火曜日は"火"を連想させます。"火事は縁起が悪い"ので避けるという発想ですね。

 

もう一つの理由としては、横の繋がりが大事だからです。

今や数えきれないほどの不動産会社があります。そのため、客商売の一面として"お客さんの取り合い"というものがあります。サービス内容をはじめ、宣伝や立地条件などで他店と差をつけようとしのぎを削ります。

そのなかで、手っ取り早くお客さんを確保する方法として"同業者が休んでいる時に店を開ける"方法があります。そうすれば、お客さんを独り占めできてガッポリ儲けられるんじゃないか?と思いますが・・・しかし"同業者が休んでいる時は自分も休み"という不動産会社がほとんどです。なぜでしょう?

その答えは、冒頭でも挙げたように、この業界は横のつながりが無いとやっていけない業種だからです。不動産業者の扱う物件のほとんどは他業者からの紹介物件です。例えば、他業者から紹介されたアパートのリアルタイムの空き情報は、その業者に問い合わせます。その業者が休みだった場合、たとえお客さんが来ても案内することができません。そのため、不動産業者はみんな一斉に休みを取るのが一番効率的なのです。

ただ、プライベートで休みが合わないのはつらいところです(∵)

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward