09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年10月02日
ブログ

引越し費用が一番安い時期はいつなんだろ?

9月が終わったということは、企業や業種によっては異動を命ぜられ、10月から新しい環境で仕事をスタートする方もいるかと思います。そこで今日は、引越しについてお話していこうと思います。

引越しを考える時は、なるべく費用を安く済ませたいと考える人がほとんどだと思いますが、引越しというのは、時期を変えるだけで費用を抑えることができます。どの時期を選ぶのがベストなのか、賃貸物件の住み替えで安い時期をご紹介致します。

引越し費用の内訳についてまとめてみました

引越し費用は、基本運賃・実費・付帯サービス費用に分かれております。

・基本運賃・・・荷物の量によるトラックの大きさと、距離を基準とした拘束時間で計算されます。

・実費・・・引越しの作業スタッフの人件費や段ボールなどの梱包資材費、高速道路の料金などです。

・付帯サービス費用・・・エアコンの取り外しや取り付け費用、ピアノや自動車の運搬費用、不用品の処分費用などが該当します。

以上が、引越しにかかる費用の内訳になります。

 

さらに、新たな賃貸物件を借りる際にも当然費用がかかります。この話は過去のブログにて何回もお話していますので省略致しますが、賃料×5~6ヶ月分くらいを目安とすると良いでしょう!

時期によって、引越し費用は変動するのです

引越し費用は、引越し会社ごとに一年中同じ金額ではなく、閑散期と繁忙期では大きく異なります。

引越し費用が高い時期は3月~4月の上旬ですね。遠方の学校へ進学する、卒業して就職のために実家を出る、就職して地元に戻る学生、旦那さんの転勤の都合で遠方へ引越し・・・単身引越し、家族引越しと、様々な事情により引越しが集中するのがこの時期で、引越し業者にとって一番稼ぎ時なのです。この時期は黙っていても依頼がくるため料金設定も高めで、閑散期の1.3倍~1.5倍程度UP↑↑

9月は春ほどではありませんが、秋の転勤シーズンで一定の需要があるため、引越し費用がやや高めです。一方で、安くなるのは引越しが少ない閑散期である7月~8月、春と秋の引越しシーズンの狭間となる11月です。

 

また、引越し費用は曜日によっても違いがあります。土日休みの人が多いため、土日の引越しが集中し、特に土曜日は翌日に片付けができるため人気があり割高です。土日でも、日曜の午後や夕方の引越しは費用が下がります。平日の中でも、金曜日よりも月曜日や火曜日など週の前半の方が、費用は安いですね。

引越費用を下げるための工夫や交渉のコツ

引越し費用を下げるためのコツとして、まずは"縁起の良し悪しにこだわらないこと"です。時期や曜日に加えて、もう一つ引越しの料金を左右するのが"六曜"です。

例えば、"結婚式は大安が良い"とか"葬式は友引を避ける"などですね。"大安"は引越しが集中するので料金が高く、反対に仏滅は人気がないので価格が安くなる傾向にあります。

占いなど大好きな日本人は「せっかくの新しい門出、できれば縁起の良い日に引越したい」と考える事だと思いますが、縁起にこだわりすぎてムダな出費を重ねるのはもったい気もします。本当に縁起や六曜が自分の引越しに優先順位が高いのか、その辺も引越し業者を選ぶポイントにしてみましょう。

 

また、複数の引越し会社に見積もりを依頼すると、値引き交渉を進めやすいですね。

これは引越しに限ったことではないですが、電化製品を買う時でも、お店に行って「あのお店ではこの値段で売っているけど、このお店でこれより安くならない?」などと言えば交渉しやすいですよね?

それと同じで、引越しの見積もり比較サイトを利用して一括見積を行い、算出された概算見積りをもとに数社に絞り込みます。つぎに、実際に引越し会社が下見に来て見積りを行いますので、他社のも見積りを依頼していることを伝えましょう。

閑散期の引越しで費用を抑えましょう

引越しにかかる費用は費用時期による変動があり、閑散期を選べば費用を抑えられることがわかりました。7月~8月は引越し費用が安いですし、賃貸物件の方も閑散期であるため、値引きやフリーレントの交渉もしやすいです。

また、閑散期の引越しは費用を抑えられるだけではなく、ゆっくりと賃貸物件を探せることもメリットに挙げられますね。

1月~4月は賃貸物件の繁忙期であるため、内見に行ったときにその場で決めなければ、気に入った物件はすぐにほかの人に借りられてしまうことが多いです。したがって、ある程度物件を見て比較しながら選びにくい状況です。

しかし、閑散期は物件の動きが鈍く、不動産会社も時間に余裕があるため、相談に乗ってもらいやすく納得がいく物件が見つかるまで探しやすいです。

急な転勤等でなく、引越しの時期に期限がないのであれば、節約のできる時期を狙って物件探しをスタートすると、コストを抑えたお得な引越しが実現できます。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward