09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年09月26日
ブログ

庭付き物件での生活で注意すべき点とは?

環境によっては日当たりの悪さなどで敬遠される場合もあるマンションの1階物件。しかし、1階物件には専用庭付きという大きな特徴があります。広大な芝生の屋外は、工夫次第でさまざまなメリットを生み出すことができます。

専用庭の定番の使い方

やはり代表的なのがガーデニングですね。季節によって種類の違う色鮮やかな花が咲き、自然を身近に感じられる庭造りは、世代を超えて強い人気を誇る趣味の定番です。その他、簡単な野菜・果物を育てる家庭菜園に魅力を感じる人も多いと思います。定番のトマトやバジル以外にもピーマンやナス、ニンジン、サツマイモなどを専用庭で育てる人もいるようです。

子育て世帯にとって、専用庭は子どもの遊び場としてのメリットは絶大ですね! プールや遊具を置いて活用できます。

DINKS(結婚後、子どもを持たずに共働きをする夫婦)や子育てを終えた夫婦なら、テーブルやチェアを設置して、憩いのスペースを作るのもシャレていますね。晴れた日は、庭で優雅にティータイム。ゆっくりとした時間を過ごすのは何とも贅沢です。趣味を楽しむ場であり家族団欒の場にもなる"庭"は、居住者の世代や家族構成によって魅力的な選択肢を与えてくれます。

庭付きならではのトラブルにご注意下さい!

例えば、マンション1階の庭付き物件の場合、上層階から洗濯物や洗濯ばさみ、カゴが落下するトラブルや、布団干しが許可されているマンションでは、時として重い布団が風にあおられ落下することもありえます。布団は重量があり、怪我の危険もあるので注意が必要です。

また、野良猫が侵入してせっかく綺麗に手入れした庭が荒らされてしまう可能性も考えられます。道路に面しているからこそのトラブルは、覚悟する必要があります。

管理をしたり、ルールはきちんと守りましょう!

庭付き物件において、庭の手入れは最重要課題といえます。ガーデニングが好きな人なら問題ありませんが、一切手入れせずにいると知らぬ間に雑草が生い茂り、せっかくの専用庭が荒れてしまいます。マンション外周に面した植栽については管理会社が剪定などをしてくれますが、庭部分の芝については入居者に管理が任されていることがほとんどです。

しかし、入居者が好き勝手に庭に手を入れていいというものでもありません。確かに庭は入居者だけが立ち入ることのできる"専用使用部分"ですが、あくまでも物件の"共用部分"なのです。そのため、入居者が自由に使用できるといっても、使用には制限がありますし、場合によっては他の人の立ち入りを受ける可能性もあります。ガーデニングなど以外の使用を考えている場合は、一度大家さんや管理会社に相談してみると未然にトラブルを防ぐことができます。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward