09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年09月18日
ブログ

"プロパンガス"と"都市ガス"と"オール電化"

最近では、オール電化住宅も増えつつありますが、大半の世帯ではガスを使っています。都心部では都市ガス供給地域が多いものの、郊外の住宅ではプロパンガスもよく見かけられます。この2つにどのような違いがあるのか知っておきましょう。

プロパンガスと都市ガスの違いって何ですか?

プロパンガスは、圧力をかけることによって常温で液化するブタンやプロパンが主成分です。液化すれば体積が小さくなるので、ガスボンベに詰めて各家庭に運搬しています。一方、都市ガスは気体の液化天然ガスが主成分なので、都市ガス会社の貯蔵タンクから地中に埋設されたガス管を通って運搬されます。

火力が強いのはプロパンガスで、災害時も大規模なガス管工事が必要ないので復旧が早いのがメリットです。費用に関しては、都市ガスが公共料金なのに比べ、プロパンガスはそれぞれのガス会社が決めるので料金に幅があり、都市ガスより高い傾向にあります。いずれにしても基本的には時間帯による料金の違いはないので、日中在宅する家族のいる人や直火の高火力でお料理したい人、また災害時や停電のためにライフラインは多いほうが安心という人にはオススメです。

合わせてオール電化について

一般に"オール電化住宅"とは、調理器具としてIHクッキングヒーター、給湯設備としてエコキュート、もしくは電気温水器のみを使用する住宅のことをいいます。ガスがないため、火災のリスクは低減した住まいといえるでしょう。

料理や掃除の際の利便性も魅力です。例えば、IHクッキングヒーターで調理をする場合にも様々な利点があります。

・火を使わないので熱くないし、やけどもしにくい

・上昇気流がほとんど起こらないので周囲に水分や汚れが飛び散りにくい

・火力を正確に一定に保てるので誰でもレシピ通りの調理がしやすい

・調理で空気が汚れ難いので、室内に臭いがこもりにくい

などなど。

 

オール電化の物件も増えてきたとはいえ、まだまだガスが供給されている物件が多いのが現実です。しかし、少子高齢化が進み、お年寄りの方が台所に立つ機会が増えてくるかもしれません。その場合には、ガスだとやけどや火災を起こしてしまう可能性が多少ありますので、これからオール電化物件の需要が高まってくるかもしれないですね。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward