09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2017年08月28日
ブログ

移住はどうですか?

一昔前は、移住は「定年を過ぎてからのんびりと暮らしたいから」という理由が多かったのですが、今は変化が出てきております。なんと、最近では若者世代の移住が増えてきているそうです。

若者世代が移住に興味あり??

どうやら、仕事をリタイアしたり、子育てが終わった後にのんびりと暮らす移住スタイルから、現役世代が地方都市で仕事をしながら生活する移住スタイルへと主流が変わりつつあるようです。

以前、「マツコ会議」という番組でもやっておりましたが、学生時代にいわゆるリゾートバイトをしているつもりが、その場所が気に入ってしまいそのまま移住してしまう方が多いそうです。沖縄や小笠原などの離島に住んでいる方の中には、旅行に来てそのまま移住してしまう方もいるみたいです('◇')ゞ

人気の移住先ってどこ?

個人的には、沖縄県の離島が良いと思っておりますが、世間はどうなのでしょうか?調べてみました。

1位 山梨県

2位 長野県

3位 静岡県

4位 広島県

5位 福岡県

見事に沖縄県は入ってきませんでした・・・。良いと思うんですけどね( ˙ө˙)

 

選ばれた理由についても見ていきましょう!

3位の静岡県は、首都圏、関西圏へのアクセスが良いということですね。

東海道新幹線の停まる駅がもっとも多い静岡県。また新東名高速道路が開通したことで、車での移動もさらに便利になりました。行きたい時に都会に出ていけるくらいの田舎がちょうどいいということなのでしょうか…?また、坪単価が東京の約10分の1なので、安く家が買えるというのも大きなポイントになってくると思います。

2位の長野県は、やはり自然の多さですね。県の面積の約20%が自然公園になっているそうです!加えて全国最多の百名山の山々があり、自然の宝庫でもあるのが大きな理由の一つなのでしょう。

1位の山梨県は、こちらも東京からのアクセスが良いということですね。新幹線を使わなくても、JR中央線の特急で新宿~甲府が90分と都心への通勤も可能となります。さらに、富士五湖や南アルプスなど、恵まれた自然環境も特徴です。また、県も移住促進活動に積極的で、2016年度は月に一度程度の割合で各市町村の移住セミナーを実施したそうです。こういった姿勢も、移住人気が高まる一つの要因でしょう!

 

最初は、慣れない生活にストレスを感じるかもしれませんが「住めば都」です。また、今の生活に疲れた方や、生活スタイルを変えてみたいという方は、移住も少し検討してみてはいかがでしょうか?

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward