09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年05月22日
ブログ

賃貸物件での自転車に関するルール

日常生活において、手軽な移動手段として利用されることが多い自転車ですが、集合住宅の賃貸物件ではトラブルの原因になるケースがあります。

特に、駐輪場所に関するルールは問題になりやすいものです。また、ロードバイクなどの高額な自転車には保管などの悩みがつきものです。

今回は賃貸物件で自転車を保管する際の注意点をについてみていきましょう。

賃貸物件の駐輪場の利用ルール

日常的に自転車を利用する場合、駐輪場に停めることになるでしょう。賃貸物件には、駐輪場が設置されている物件も少なくありません。

"駐輪場あり"となっている物件でも、駐輪場を利用するうえで注意を払うべきポイントがあります。

まず、物件によっては駐輪料金がかかる場合があり、無断で自転車を置くとトラブルに発展することもあります。駐輪場を利用する前に、あらかじめルールの確認をしておきましょう。また、複数人での同居を前提とする物件では、1世帯ごとに駐輪可能な台数を定めているケースもあります。

子供のいる家庭などでは、成長とともに自転車の台数が増える可能性もあるため、そうした制約についてチェックしておくと良いでしょう。

駐輪場がない場合の対処法

物件に駐輪場がない場合、自転車の置き場を確保するのは難しくなります。駐輪場がないからといって、勝手に敷地内や廊下などの共有スペースに置くことはできません。どうしても自転車を利用したいなら、オーナーや不動産管理会社に相談をしたうえで、置く場所を確保する必要があります。

例えば、周辺のマンションやアパートの駐輪場を利用させてもらえるように交渉したり、不動産会社に近くの駐輪場を教えてもらったりしましょう。

また、自転車を所有する代わりに、必要なタイミングに応じてシェアサイクルサービスを利用するという方法もあります。

困ったら自分のお部屋に置くのも1つの方法

世帯で駐輪可能な台数制限を超えてしまったり、そもそも駐輪場が確保できなかったりした場合、自分のお部屋に運び込むのも1つの選択肢です。

また、高額な自転車を持っている人も、防犯上の理由からお部屋に持ち込むケースは少なくありません。多くの人が出入りする駐輪場より、自分のお部屋で保管したほうが安全だからです。

駐輪場はあっても、屋根が設置されていないケースもあります。こうした場合も、風雨による影響を考慮して、自室に運び入れる選択をする人もいるのです。

自転車を室内保管する際に注意しておきたい3つのポイント

自転車を室内に持ち込む場合には、守らなければいけないルールや注意すべきポイントがあります。

1. 玄関先やベランダに置かない

集合住宅には、借りた人が専用で利用できる"専有部分"と、居住者全員の使用が認められる"共用部分"、そして所有者全員の合意によって特定の居住者が専用する権利を認められた"専用部分"があります。

廊下やエントランスは代表的な共用部分であり、災害時の避難経路や景観などの問題から、原則として私物を置くことはできません。そして、ベランダやバルコニー、玄関ポーチは専有部分ではなく専用部分です。そのため、ここに許可なく自転車を置くことはできません。

専用部分の使用条件については、利用規約に定められているため、あらかじめしっかりと確認しておく必要があります。

2. エレベーターの利用は規約を要確認

自転車を自室に運ぶ際にも注意が必要です。傷がつくなどの理由から、自転車をエレベーターで運搬することを禁止しているケースがあります。

また、自転車が入ることでエレベーターに乗れる人数が少なくなるため、自転車の持ち込みに反対する居住者がいる可能性もあります。他の居住者が利用するときは、次のエレベーターを待つなどの配慮が必要です。

3. 壁や床に傷をつけないことが大切

外を走ってきた自転車をそのまま室内に入れると、タイヤの跡などで床が汚れてしまいます。そのため、きちんと汚れを落としてからお部屋に入れなければなりません。加えて、安定感のない保管方法では倒れて壁や床を傷つける場合があるため、スタンドを利用する必要があります。

軽量のロードバイクや折り畳み自転車を利用している場合は、吊り下げるなどの方法で省スペース化を図れます。

また、床にマットを敷くことで傷や汚れの防止ができるため、利用するのも1つの方法です。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward