09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年05月14日
ブログ

自己破産してもお部屋は借りれる?

自己破産を考えている人の中には、いつのタイミングで引越しをすべきなのか分からない、またお部屋を出た後、新たにお部屋を借りられるのかと不安に思うこともあるかと思います。

今日は、家賃を滞納して自己破産した際の引越しのタイミングと、自己破産後にお部屋を借りづらくなるのか?についてです。

引越し自体は自由で基本的に制限はない

引越しのタイミングについてですが、自己破産をする場合でも引越し自体を禁止されることは基本的にありません。破産手続が開始して破産管財人が選任された場合には、破産管財人と裁判所の許可が必要ですが、許可を出さないということは非常に稀です。

では引越し自体は制限されないとして、どのタイミングで引越しをすると良いのでしょうか?

賃貸人には弁護士から債務整理の連絡がいく

弁護士などの専門家に自己破産の申立てを依頼する前に、すでに家賃滞納がある場合、弁護士は受任後すぐに賃貸人に対して受任通知(間に弁護士が入って債務整理をするから本人への連絡、取立てはストップして下さいという通知)を送ります。

これにより賃貸人は、賃借人がこれから債務整理することを初めて知ることになります。多くの賃貸人は、この時点で賃借人に対して、お部屋から出ていくように要請すると思われます。

お部屋から出ていくよう賃貸人から言われてすぐに退去できれば良いのですが、引越し先の目途がついていなかったり、引越し費用や新居の初期費用が用意できなかったりする場合には、しばらく引越しできないこともあるかもしれません。

立ち退きの強制執行までは3~4ヶ月程度

このような場合に、賃貸人が賃借人を強制的に追い出す場合には、建物明渡請求訴訟を裁判所に提起することになります。裁判というのは大体月に1回程度しか開かれないため、仮に訴訟を提起されてもすぐに敗訴判決が出ることはありません。どんなに急いでも3ヶ月以上はかかるでしょう。

敗訴判決が出ても、賃借人が出ていかない場合には、賃貸人が強制執行をすることになりますが、強制執行をする場合には、そこからさらに1ヶ月程度はかかるため、3~4ヶ月程度の猶予はあることになります。

そのため、専門家に自己破産を依頼したらすぐにお部屋を出ていかなければならないということはなく、引越しの準備をするくらいの猶予期間はあるということになります。

家賃を支払わずに居座ると損害金が発生

しかし、いつまでも家賃を支払わずにお部屋に住み続けていると、家賃と同額の損害金を支払う義務が課されますし、これに対する遅延損害金も発生します。そのため、いつまでも勝手にお部屋に居座ることは得策ではありません。

そこでまずはに賃貸人に現状を伝え、「準備が整えばすぐに引越すので、いついつまでは住まわせて欲しい」と交渉すべきです。賃貸人としては、滞納家賃は破産で免責されて回収できないのだから、せめてお部屋は早く明け渡して欲しいと考えるのが通常です。

裁判をしても上記のとおり何ヶ月もかかるのだから、自発的にそれよりも早く退去してくれるのならば、と考えて住まわせてくれるかもしれません。

自己破産後、新たにお部屋を借りづらくなる?

自己破産をしたことで、新たにお部屋を借りにくくなるのではないかと不安に感じている人もいると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

お屋を借りる際には、連帯保証人をつけるように求められることがほとんどです。連帯保証人には、親や親戚といった個人がなる場合と、賃貸人から指定されたクレジットカード会社などが連帯保証人になる場合(家賃保証会社)の2種類があります。

このうち、個人が連帯保証人になる場合には、特に問題は生じません。しかし、家賃保証会社を利用する場合には注意が必要です。

自己破産するとブラックリストに登録される

家賃保証をする会社は、クレジットカード会社が一般的です。このようなクレジットカード会社は、CICやJICCといった信用情報機関に登録しています。

信用情報機関というと難しそうに感じますが、"ブラックリスト"という言葉に聞き覚えはないでしょうか?よく「借りたお金を返さないとブラックリストに載って、お金が借りれらなくなるよ」と言われているものですが、ブラックリストとは信用情報機関の俗称です。

そもそも信用情報機関の主な業務は、「この人にお金を貸したらきちんと返してくれそうか、以前に滞納などのトラブルを起こしたことがないか」といった情報を収集して記録し、金融機関の求めに応じてその情報を提供することです。

自己破産をした場合には、破産者が借り入れをしていた金融機関が自己破産の事実を信用情報機関に登録し、登録された情報は一般に7年間~10年間程度保存されると言われています。

保証会社の審査は一定期間通らない

金融機関が誰かにお金を貸す場合、まずはこの信用情報機関に問合せます。そして開示された情報を見て、何も問題ない場合にはクレジットカードを発行したりお金を貸したりします。反対に、滞納や自己破産の事実が発覚した場合には、お金が返ってこない可能性が高いと判断して、貸し付けやカードの発行を控えます。この審査を与信審査といいます。

そして、クレジットカード会社は家賃保証会社になろうとするときも、この与信審査を行います。そのため、直近10年以内に自己破産をした人は、その事実が家賃保証会社に知られ、結果として保証を断られる可能性が非常に高いでしょう。

結局、保証会社の審査が通らなかったという理由で、そのお部屋を借りられなくなります。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward