09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2020年04月06日
ブログ

東日本と西日本の初期費用の名称の違い

遠く離れた地域へ引越しをするとき、賃貸物件の初期費用の違いにとまどう人は多いのではないでしょうか?東日本では主に"敷金"・"礼金"が用いられ、関西や九州などの西日本では主に"保証金"・"敷引き"・"償却金"が用いられていますが、両者は名称だけでなく、意味やルールも異なります。

そこで今回は、それぞれの意味やルール、相場や注意点などについてみていきます。

敷金・礼金・保証金・敷引き・償却金について

東日本の敷金・礼金と、西日本の保証金・敷引き・償却金。似たような言葉に混乱してしまう人もいることでしょう。まずはそれぞれの意味やルール、相場についてお話していきます。

敷金

敷金とは、退去時の部屋の修繕費用(借主の負担分)や万一の家賃滞納に備え、オーナーに預けておくお金です。"預かり金"のため、使われなかった分は退去時に返還されます。

修繕費などが敷金以上にかかった場合は、超えた分を追加で支払うルールです。敷金の相場は家賃0〜2ヶ月分です。

礼金

礼金とは文字どおり、お部屋を貸してくれた"お礼"としてオーナーに支払うお金です。お礼という性質から、敷金のように返還されることはありません。また、礼金は商慣習によるもののため、法的な根拠もありません。礼金の相場は家賃0〜2ヶ月分です。

保証金

保証金は、退去時の修繕費用や家賃滞納に備えて、オーナーに預けておくお金です。目的は敷金と同じと捉えて問題ありません。東日本では敷金と呼び、西日本では保証金と呼んでいるということですね。保証金の相場は家賃3〜6ヶ月分です。

ただし、以下で説明する敷引きがある場合は、返還のルールが異なるため注意が必要です。

敷引き

敷引きは、退去時の修繕費用や未払いの家賃に補填されるものですが、補填の必要のあるなしに関わらず、返還されることのないお金です。つまり預け金ではなく、一円も借主に戻ってこないお金ということ。この戻ってこないという部分が、敷金と大きく異なる点です。返還されないという意味では、礼金のような存在と言えるでしょう。敷引きの相場は家賃1〜3ヶ月分です。

償却金

償却金は、敷引きと同じ意味です。

敷金・礼金の注意点

西日本から東日本に引越す人は、まず礼金という概念に驚くかもしれません。礼金文化は物件数が少なかった戦後に始まったとされ、それが今も慣習として残っていると言われています。そのため、物件数が充実している近年は礼金のない物件も増えており、中でも注目を集めているのが、敷金なし・礼金なしのゼロゼロ物件です。

ゼロゼロ物件は一見とても魅力的に感じますが、契約内容をよく見極めることが大事です。物件によっては、他の名目で費用が加算されていたり、退去時の修繕費やクリーニング代が高めに設定されていたりすることもあります。家賃が割高になっている物件もあるようです。安易にお得だと決めずに、トータルで判断していきましょう。

また、敷金・礼金の慣習があるエリアでは、更新料と呼ばれるお金がかかるケースが多いようです。更新料は一般的に、2年ごとに家賃1ヶ月分を支払います。

保証金・敷引きの注意点

東日本から西日本に引越す人は、特に字面が敷金に似ていている敷引きに注意しましょう。敷金と違い、お部屋をきれいに使って修繕費がかからない場合でも、敷引き分は必ず差し引かれます。

中には、保証金と敷引きが同じ金額に設定されている物件もあります。この場合、退去時に戻ってくるお金は0円になるうえ、借主の不注意でお部屋に傷や汚れを作ってしまった場合は修繕費の支払いが生じます。契約するときは退去時のことまで視野に入れておきましょう。

契約内容は納得できるまで確認しよう

地域によって異なる初期費用や退去時の費用についてお話しました。特に返還ルールは東西で大きく異なるため、十分に気を付けたいところです。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward