09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年12月20日
ブログ

お部屋の中で犬を飼うには?

大好きな飼い犬と一緒に時間を過ごしたいという思いから、外ではなくお部屋の中で犬を飼うことを検討している方も多いと思います。

お部屋の中で犬を飼う際は、様々なポイントに気をつけて、犬が暮らしやすいお部屋づくりを行うことが大切です。今回は犬をお部屋内で飼う際のお部屋づくりのポイントや注意点をお話していきます。

犬が快適に暮らせるお部屋づくりのポイント

お部屋内で犬を飼育する際は、犬が快適に暮らすための配慮が必要です。室内飼いをする際のお部屋づくりのポイントを見ていきましょう。

1.犬が誤飲しやすいものは届く範囲に置かない

犬はクリップや輪ゴム、アクセサリーといった小物類を誤飲しやすい動物です。誤飲の恐れがあるものを、犬が行動するスペースには置かないように注意しましょう。

特にタバコや薬、プラスチック片、金属片は犬が誤飲してしまうと体調に異変を起こす恐れがあるため、とても危険です。床に置かないことはもちろん、犬が届く高さの机や棚の上にも置かないように気をつけましょう。

2.人間の食べ物を犬に与えない

食事をしている際に近くに犬が寄ってくると、ついつい食べているものを与えたくなりますが、人間が好む食べ物の中には、犬が食べると中毒症状を起こしてしまう危険な食べ物もあります。

また、スナック菓子など、犬にとって塩分や糖分が高すぎる食べ物も多いため、人間の食べ物は与えないようにし、犬のそばにも置かないようにしましょう。

3.犬に入ってほしくない場所には柵を設置

キッチンや階段など、犬に入ってほしくない場所には柵を設置して、犬が立ち入らないようにスペースを区切ってあげましょう。

市販されている犬用の柵でも良いですが、犬のサイズによっては人間の子ども用に販売されている柵でも代用できる場合があります。犬が柵にぶつかって倒れてしまう場合があるので、柵は床や壁に固定できるものを選ぶと安心です。

4.危険な設備に触れないように対策を取ること

家の中には犬が触れると危険なものがたくさんあります。たとえば、電気コードはケーブルカバーやコードボックスを活用してかじったり触れたりしないようにする、冬場に活用するストーブは犬が近づきすぎないようペット用の柵を設置するなど、犬を危険な設備に近づけないような対策を取ることも重要です。

5.犬が生活するスペースの床は安全な素材を

お部屋内の床材が滑りやすいと、犬の足腰に負担がかかりやすく、転倒事故につながるケースもあります。

特に、洋室で見られる一般的なフローリングは滑りやすいので注意が必要です。毛足が短いカーペットやコルクマットなど、犬の足腰に負担が少ないものを用意してあげましょう。

犬の放し飼いはあり?なし?

お部屋内で飼う場合、脱走や誰かをケガさせてしまう心配もないため、放し飼いをしようかと考えている方もいるでしょう。しかし、犬はもともと敵から身を守るべく、巣穴など自分のテリトリーをつくる習性があります。

そのため、ハウスケージで囲われたスペースがあるほうが安心しやすく、放し飼いにされているほうがストレスを感じる場合があります。また、自分のテリトリーがないと自由奔放な性格になりやすく、しつけが難しくなることもあります。犬のストレス軽減や飼い主との主従関係を示すためにも、ケージやハウスは用意しておきましょう。

ケージやハウスでは身動きがとりやすいよう、犬の大きさに合わせて調整するようにしましょう。そして、飼い主の目の届く場所に設置し、犬の異変に気づけるようにしておくほか、エアコンなどの風が直接当たるような場所には設置しないようにしましょう。

お部屋の中で犬を飼う際の注意点とは?

1.トイレのしつけをしっかりとする

お部屋内で飼うときは、トイレのしつけをしっかりしておかないと、いろいろな場所で自由にトイレをする習慣がついてしまい、自分でトイレの位置を勝手に決めてしまいます。

トイレのしつけには、子犬の時期から使用できるトイレシーツを使用する方が多いようです。まずはケージやハウス内の全体にトイレシーツを設置し、まったくトイレをしないシート部分を回収するといった工程を繰り返し、トイレをする場所を確定させていくようトレーニングしましょう。

2.マーキングをさせないようにする

犬の性別がオスである場合、「ここは自分のテリトリーだ」と上下関係をアピールするためにマーキング行動をします。マーキングを覚えてしまうと、犬が飼い主より自分の立場が上だと認識してしまい、言うことを聞かなくなってしまいます。

マーキング行動が見られる場合は去勢手術を行うほか、におい消しグッズを使用してマーキングを消すなどの対策を取り、上下関係を確立させられるような接し方をしていくように心がけましょう。

3.無駄吠えをさせない

賃貸の場合や隣の家が近い場合は、鳴き声が近隣トラブルに発展する可能性があります。飼い主が怒る姿勢をしっかりと見せないと、犬は無駄吠えを繰り返してしまいます。なるべく無駄吠えをさせないよう、吠えると飼い主が怒ると犬にわからせるようしつけを行いましょう。

お部屋で飼う際はストレスのない環境づくりを

犬は自分のテリトリーがないことで不安になったり、怒られることで恐怖を感じたりするなど、想像以上にストレスを抱えやすい繊細な動物です。

しかし、自由奔放にさせていれば、飼い主の生活環境が乱れることになります。そのため、しつけを行いつつも犬が快適に生活できるよう、なるべくストレスをかけないような環境を整えてあげることが大切です。

また、ペット可の物件の場合でも、管理規約や賃貸借契約書のなかで、ペットの種類や頭数に制限が設けられていることがあるので、必ず事前によく確認しましょう。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward