09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年12月17日
ブログ

仲介手数料に消費税はかかる?

不動産会社で賃貸物件を借りるときに支払うのが仲介手数料です。家賃には消費税がかからないのに、なぜ仲介手数料には消費税がかかるのか、不思議に思う方もいるのではないでしょうか?

今回は仲介手数料についてお話していきます。

そもそも仲介手数料とは何か?

仲介手数料という言葉は知っていても、一体何のために支払うのか、いくらくらい支払うべきなのか、詳しくは知らないという方も多いでしょう。簡単に言うと、仲介手数料とは賃貸の仲介をしてくれた不動産会社に支払う手数料のことです。

不動産会社は貸主と借主の間に入って物件の紹介をしたり、契約時の事務手続きなど、不動産取引に関わる業務を行います。そしてこれらの仕事に対する報酬として手数料を受け取ります。

仲介手数料は契約の成立時に支払われる成功報酬です。そのため不動産会社にいくら物件を紹介してもらっても、契約が成立するまで支払いは発生しません。

なお、個人間の賃貸借契約では、仲介が行われない直接取引のため仲介手数料は発生しません。その場合は契約書の作成などの事務手続きもすべて個人で行うことになります。

仲介手数料は通常誰がどの程度支払うのか?

不動産会社が受け取る手数料だから、不動産会社が自由に仲介手数料の金額を決められるのかというと、そうではありません。

不動産の取引については宅地建物取引業法という法律で細かい規則が決められています。不動産会社の報酬については、宅地建物取引業法第四十六条に「受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる」と記載されています。

そして国土交通省の法令を見てみると、

宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額の合計額は、当該宅地又は 建物の借賃の一月分の一・一倍に相当する金額以内とする

と書かれています。

つまり借主、貸主の両方から受け取ることのできる報酬の合計額は最大でも家賃の1ヶ月分の1.1倍以内(1ヶ月分+消費税10%)ということです。

仲介手数料に消費税はかかる

仲介手数料には消費税がかかります。なぜかというと、消費税の課税の対象の事業者が事業として対価を得て行うサービスに該当するためです。

ちなみに家賃や敷金、礼金は仲介手数料とは性質が違うため消費税はかかりません。仲介手数料は家賃の1ヶ月分と記載があるのに、請求書の家賃と仲介手数料の金額が違うのはこのためです。

仲介手数料は安くできる?

法律では仲介手数料の上限は家賃の1ヶ月+消費税までと決まっていますが、下限は定められていません。不動産会社や物件によって、半月分や無料などと仲介手数料が違うこともあります。そのため、仲介手数料の値段を相談してみることも可能です。

ただし応じてくれるかはオーナーや不動産会社次第です。無理に値下げ交渉をするのはおすすめできません。不動産会社は家探しのサポートや、契約上の書類の準備や手続きなどを行ってくれます。その報酬として得るのが仲介手数料です。また、仮に提示している手数料のまま借りたい人が見つかった場合、断られてしまう可能性もあります。

仲介手数料以外にも、敷金、礼金などが初期費用に含まれます。他の費用も含めてトータルで初期費用を抑える方法がないか検討してみると良いでしょう。

消費税がかかるものとかからないもの

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward