09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年12月14日
ブログ

ご近所トラブルの"騒音"。事前確認できる?

お部屋探しにあたっては、案内してもらうときや契約の前に確認したいポイントをリストアップすると思いますが、そのリストに「ご近所トラブル」は入っているでしょうか?

ご近所トラブルとは具体的にどういうことなのか?また、契約前にそれを回避するにはどうすれば良いのか?お話していきます。

ご近所トラブルでもっとも多いのは「騒音」

騒音・ペット・ゴミ・違法駐車などのトラブルは、賃貸でも分譲でも、また集合住宅でも一戸建てでも、人が集まるところにはいつでも起こりえることといえます。

そういったトラブルの中でもっとも多いのは、騒音です。ときに事件に発展することもあるため、オーナーや管理組合、管理会社も頭を悩ますことが多い事項です。

お部屋を探すときには誰しも、少しでも希望どおりの物件に巡り合いたいものですが、入居後に安全で快適な暮らしを継続するには、これらのトラブルも想定しておくことが賢明です。見学時のチェックリストには必ず、騒音対策ができているかどうかという項目を入れておきましょう。

建物の造りから管理の状況や姿勢を確認

騒音について、入居前に「避けることができる物件か」という情報を得ることはできるのでしょうか?

まずは内見時にお部屋の音の状況を細かく確認すること、次に管理態勢を見て推察すること、さらに管理会社やオーナーにトラブル対策について質問することなどがあります。

そして次に、内見時に実践したい6つのポイントを挙げていきます。

1.建物の構造をチェック

騒音の原因は主に、人の大声、足音、生活音、ペットの鳴き声、楽器の音、そして車や電車など建物の外からの音です。それらが響きやすいかどうかの目安として、建物の構造が、

木造

軽量鉄骨造

重量鉄骨造

鉄筋コンクリート造

鉄骨鉄筋コンクリート造

のどれにあたるのかを確認しましょう。これは、間取り図を記した書類に必ず記されています。一般的に後者になるほど建物は頑丈で、音が響きにくいとされています。

2.見学時に音の響きをチェック

できるだけ第三者に同行してもらい、生活音の状態、玄関やベランダの扉、窓を開けたときの音の響き、また階段や廊下を誰かに歩いてもらったうえでの音の響き、さらに近隣の店舗や人通り、道路環境の音を確認しましょう。

および、昼間と夜間、平日と休日では状況がかなり違います。自分が最も多くお部屋で過ごす時間帯を中心に、夜間や休日にも内見をさせてもらい、同様に確認しましょう。

3.角部屋や最上階を選ぶ

角部屋や最上階のお部屋は、物理的に周囲の住戸からの音は少なくなります。

4.共用部分の管理の状況をチェック

玄関や集合ポストはもちろん、階段・エレベーター・廊下・駐車場・ゴミ置場など、他の住民との共用部分の清掃や整理がされているかをチェックしましょう。これらの状態がよくないと、管理態勢や状態に問題があり、騒音以外にもさまざまなトラブルがあるかもしれないと推察できます。

5.騒音対策がされているかをチェック

「楽器やペットはOKか?」を確認しましょう。OKの場合は騒音があると想定したほうが無難でしょう。その物件を気に入ったけれど騒音が心配だという場合は、「楽器やペットがOKとのことですが、騒音にはどう対策をされていますか?」と質問をしましょう。

防音対策を施している建物であれば音の響きは少ないと考えられます。ただし、「楽器やペットがOKと承知のうえでの入居なのだから、騒音には対応しない」という姿勢の物件もあるため、確認が必須です。

6.騒音の現状と対策への姿勢を聞く

「希望の部屋の上下左右のお部屋に子どもはいるか?」「現在、騒音トラブルはないか?」「過去に騒音トラブルがあった際にどう対処したか」などを率直に質問してみましょう。

仲介のみを行う不動産会社が案内する場合は即答ができず、管理会社やオーナーに尋ねる時間が必要になる場合がありますが、「騒音対策に意識が高い」という意思表示になるので答えを待ちましょう。

また、「当初に希望や質問を伝えた」という事実が、後のトラブルの回避になり得る場合もあります。もし回答がない場合は、その事実をチェックポイントの一つとして押さえておきましょう。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward