09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年08月06日
ブログ

内見時に注意するポイント

初めての一人暮らしは、不安や心配がつきものです。住んでから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、借りる前に物件を見極めなくてはなりません。

今回は、物件選びで失敗が起きやすいポイントを紹介しながら、物件の選び方についてお話していきます。

内見時に確認が必要なもの

いざ引越ししてみると、あれが置けない! これができない! と後悔することがあります。内見時にきちんと確認をすることで、このような後悔はかなり減らせます。

まずは3つ、内見時に確認してほしいポイントをご紹介します。

1.家具&家電の置き場

まず確認したいのが、家具や家電の置き場所です。すでに置きたい家具や家電が決まっている場合は、どこに何を配置するかイメージして、スペースを確保できるのか、コンセントやテレビ端子の位置、ドアを開けた場合の動線なども含めて確認しましょう。

また、上部に戸棚が設置されていて、高さが合わず、冷蔵庫を置きたい場所に置けなかった、ドアが狭くて買ったベッドが家に入らない・・・などと後悔する場合があります。

内見時には必ずメジャーを持参し、お部屋や窓、ドア、クローゼットなどの寸法を確認しておくことが大切です。お部屋の中をスマホのムービーで撮っておくと、後で見返すことができ、どこに何を置こうかとイメージしやすいのでオススメです。

2. インターネット環境

入居後、快適にインターネットを使いたい場合にも注意点があります。有線で利用する場合は、ブロードバンドルーター の置き場所から、パソコンやゲーム機器などをつなぐ場所までの距離と動線を確認しましょう。配線が複雑になったり、長くなったりすると、見た目が悪くなり、足をひっかけたりする可能性もあります。

無線の場合もブロードバンドルーターの位置は重要です。ブロードバンドルーターと利用する機器の間にコンクリートの壁があったり、キッチンなどの水周りを挟んだりする場合、電波が弱くなる可能性があります。

3. ゴミ置き場

ゴミ置き場の位置とルールも必ず確認しておきましょう。ゴミを捨てる音もそうですが、特に資源回収の日は意外と大きな音が発生するため、音が気になる方はゴミ置き場近くのお部屋なのかどうかも確認しましょう。

また、住む物件によって、ゴミを分別せずに出してもいい、24時間いつでも捨てていい、朝8時までに出さないといけないなど、決められたルールがあります。自身の生活スタイルと合うかどうかも確認をして下さい。

"人気の条件"の物件に住んで気づいた落とし穴

数ある物件の中から自分の希望に沿った物件を探すためには、エリアや設備に関して条件を指定して物件を絞っていきます。

条件の中でも「築浅物件」「風呂トイレ別」「ロフトあり」「オートロック付き」などは特に人気があります。しかし、人気の条件を指定しすぎると、住んでから後悔する可能性もあるので注意が必要です。

ここでは住んでみて後悔してしまう例をいくつかご紹介していきます。

1. 費用面で無理をしてしまった

内見時にキレイで設備が整っている物件は魅力的ですが、家賃や敷金・礼金といった費用面は予算内に収まっているでしょうか。

一人暮らしでの毎月の出費は家賃だけではありません。光熱費や食費、雑費など生活費は思ったよりもかかるものです。自分が支払える範囲を超えた物件に住んでしまうと、後々生活が苦しくなってしまう場合があるので注意しなくてはなりません。

住む前はポジティブに考えがちですが、実際に住んでから大変な思いをすることが多いのが費用面です。できれば家賃は年収の30%までに抑え、無理のない範囲で予算を組みましょう。

2. 便利な設備・機能、実はいらなかった

目新しく、魅力的に感じた設備や機能も、実際に住んでみると使わなかったというケースは少なくはありません。

例えば、お風呂場で洗濯物を干しながら乾燥できる浴室乾燥機は、電気代が高くなることから結局使用するのを止めてしまったという方もいます。

また、ロフトがある物件に住んだものの、階段の上り下りが面倒で、ロフトを有効活用できないといった失敗例も見られます。 自分にとってその条件が本当に必要なのか、事前にしっかりイメージしましょう。

3. 立地選びを間違えた

物件選びの条件に、通勤や通学に便利なエリアを希望する方は多いかもしれません。しかし、学校周辺やオフィス街は人気のエリアのため、物件の競争率が高くなると同時に家賃も上がり、希望条件が一致する物件に出会うのは難しいです。

運良く希望通りの物件が見つかっても、最寄り駅まで距離があるケースや周辺環境が悪く、住み心地がよくないこともあるようです。内見時には、不動産会社の車で物件に向かうこともあるかもしれませんが、可能であれば、駅までの道のりや周辺の雰囲気をチェックしてみましょう。

後悔しない物件選びのためにできること

改めて、ここまでに見てきた後悔しない物件選びに必要なものをまとめてみましょう。

【お部屋選び】
・人気の条件に踊らされない
・魅力的な物件でも、費用面はきちんと考える
・本当に必要な設備・機能なのかよく考える

【内見】
・メジャーを持ち込み、きちんと採寸する
・家電や家具を置く位置などをイメージする
・インターネットに接続する機器の位置を確認する
・ゴミ置き場の位置とルールを確認する
・周辺地域と駅までの道のりを確認する

魅力的な物件はたくさんありますが、しっかりと自分の生活を考えて選択することが大切です。そして、内見時は単に間取りや機能を確認するだけにとどまらず、本当にそこで生活しやすいのかをイメージして選びましょう。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward