09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年06月14日
ブログ

賃貸物件にエアコンが無かったらどうする?

「とても魅力的な物件なのに、エアコンが無い・・・」とがっかりしたことはありませんか?賃貸物件の中には、エアコンがない物件もあるのです。そのため、「エアコンが設置されている物件」だけで絞って物件探しをすると、選択肢が狭まってしまう可能性があります。

気に入った物件がエアコンなしだった場合でも、まだまだできることがあります。それはオーナーに交渉してみることです。入居前に相談してみてお断りされてしまっても、許可を得て自分で購入し、設置するという方法もあります。エアコンが無いということ以外は気に入っている物件であれば、それもひとつの方法です。

この記事では「気に入った物件にエアコンが無かった場合の対処法」についてお話します。

エアコンが無ければ、まずはオーナーと交渉

1.まずは不動産会社に問合せ

物件情報を見ると、エアコンの有無が書いてあると思います。そこに「エアコン無し」と書いてあっても、まずは不動産会社に連絡し、本当にエアコンがついていないかどうかを確認しましょう。

あくまでもオーナーが貸し出した時点でエアコンがないだけで、前に住んでいた人が設置したという可能性もあります。場合によっては「実はある」「設置したまま退去の予定」という可能性もありますので、インターネットの物件情報だけを見て、諦めてしまうのは非常にもったいないことです。

2.エアコンが無かった場合はオーナーに交渉

もし本当にエアコンが無かった場合には、不動産会社を通じてエアコンの設置ができないか交渉してみましょう。

オーナーとしても空き部屋をつくることは避けたいので、「エアコンがあれば入居を希望したい」という意思を伝えれば、それに応じてくれるかもしれません。ただし、これは契約前に伝えることを忘れないようにしましょう。

設置してもらえなければ、自分でつけよう

1.自分で設置していいかどうかの確認を

オーナーにエアコンの設置をしてもらえなくても、許可が得られた場合には、自分で設置することができます。交渉して設置してもらえない時は、「自分で購入して設置するのは可能か」ということは確認しておきましょう。

自分で設置した後、基本的には退去する際に、エアコンも撤去することになります。設置後には撤去をする必要があるかどうかも事前に確認しておきましょう。

2.エアコンが構造上設置できる物件か確認しよう

エアコンを設置できるか事前に確認しておく必要があります。比較的新しい物件であればほとんど設置可能ですが、古い物件では構造上エアコンを設置できない場合もあるからです。また、室外機が置けない部屋の場合もあります。

入居時には不要と思っていても、1年を過ごしてみると考えが変わるかもしれません。特に夏はクーラーなしで過ごすことで健康状態を悪くしてしまう可能性もあります。入居時にエアコンをつけるつもりがなくても設置の可能・不可能は入居前に確認しておくことをおすすめします。

3.エアコンをできるだけ安い時期に購入する

自分で設置するということでしたら、できるだけ費用を抑えたいものです。

真夏と真冬は需要が多くエアコンの価格も高くなってしまいますので、できれば春・秋のうちに電気屋さんに依頼するようにしましょう。時期はずれに安いエアコン本体をインターネットで注文し、設置だけ依頼するという方法であれば、費用を抑えられる可能性もあります。

エアコン以外の対策を考える

エアコンを設置できなかった場合にも、その他の冷暖房機をうまく利用して過ごすことは可能です。

ただし、特に夏場は気温が上昇し、地域によっては命にかかわることもあります。部屋の温度や体調をチェックしながら、十分に気をつけて過ごして下さい。

夏:冷風扇・冷風機・窓用のエアコンを利用する

「冷たい風を出す家電はクーラーしかない」というのは間違いです。冷風扇・冷風機・窓用のエアコン等がありますので、まずは家電量販店や家電メーカーのサイトを覗いてみましょう。構造の問題でエアコンが設置できなかった場合には、建物の構造によっては設置可能な窓用のエアコンもあります。

これらの機器と一般的な扇風機を併せて利用することで、部屋を涼しくすることは可能です。なお、湿度が高いだけで体感温度は上がってしまいますので、除湿器の併用を検討してみても良いでしょう。

冬:ストーブ・ファンヒーターを利用する

冬は夏と違い、着るものを増やすことでも暖を取れますので、その他の工夫次第でエアコンなしでも快適に過ごすことは可能です。

最近では、トイレなどにも設置できる小さなファンヒーターも次々に登場していますので、これらを上手に利用しましょう。ただし物件によってはファンヒーターなど特定の暖房器具を禁止している物件もあります。事前に確認しておきましょう。

夏とは逆で、加湿したほうが暖かさは増します。また、厚手のカーテンを利用したり、廊下と部屋を仕切るドア・扉をこまめに閉めたりして暖かい空気が逃げないようにする工夫も有効です。

エアコンが無くても諦めずに交渉してみる

設置を交渉してみること、エアコンの代わりとなるものを使うといった方法があります。物件案内の「エアコン無し」だけでお部屋を諦めてしまうのは非常にもったいないことですので、ぜひオーナーや不動産会社に確認するようにして下さい。

過去の記事

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward