09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年05月20日
ブログ

賃貸物件を安く借りたい!お得に借りる方法

賃貸マンションや賃貸アパートを探す際に、きっと誰もが思うことは「安くてお得な物件を見つけて家賃や初期費用をおさえたい」ということでしょう。一人暮らしの場合、家族や同居者を気にしなくてもいいため、自分一人が納得できれば、賃貸物件を安く借りる方法はいろいろあります。

今回は一人暮らしの方向けに、お得な賃貸物件を探すコツや初期費用を安くおさえるポイントをご紹介します。

どこで価格に差がつく? 基本的な考え方

まずどこで家賃に差がつくのかについて考えてみましょう。家賃に大きく影響を与える要因としては、以下の点があげられます。

1. 立地(交通の便、駅近立地など)
2. 築年数
3. 広さ・間取り
4. 建物構造(鉄筋コンクリート造のマンション・木造アパート)
5. 設備の充実

これらの家賃に影響を与える要因について、家賃が高くなるポイントの逆をねらえば、賃貸物件を安く借りることにつながります。

では次に、賃貸物件を安く借りるためのポイントをお話していきます。

1.立地:急行や快速の停車駅の隣駅を狙う

急行電車や快速電車が停車する駅周辺の賃貸物件は通勤通学に便利で人気があり、家賃も高くなりがちです。

一方、急行・快速電車がとまらない駅周辺は多少利便性が落ちるため、家賃相場は一般的に低めになります。そこで狙い目なのが急行・快速停車駅の隣駅です。

2.立地:駅から徒歩10分以上の物件を狙おう

一般に駅に近い賃貸物件は人気があり、駅から徒歩10分以内というのが賃貸物件探しの目安にされることが多くなっています。それでは、駅から徒歩での所要時間がどれだけ家賃の違いになってくるのでしょうか。

3.築年数:新築・築浅物件は避けよう

新築物件や築年数が浅い物件が好まれることから、新築~築5年以内の家賃相場は高めになっています。しかし、築5~10年あたりから"新築・築浅プレミアム"がなくなり、築10年を超えると年数が増えるごとに家賃は下がっていき、築20年あたりでまた1段階下がるのが特徴です。

とはいえ、築10~20年レベルでも、鉄筋コンクリート造の建物ならあまり劣化せず、きれいで状態のいい賃貸物件は数多くあります。状態を確認せずに「築年数が古いから」という理由だけで候補からはずしてしまうのはもったいないことです。

4.広さ・間取り:必要以上に広い物件は避ける

広い部屋に住むとその分家賃が高くなるため、必要以上に広い物件を選ぶのはやめましょう。

また、バス・トイレ別の物件は、別々にするための広い面積が必要となるため、家賃は高くなります。安く借りるならバス・トイレが一緒の3点ユニットバスの物件を選びましょう。

5.建物構造:マンションよりもアパートを選ぶ

一般的に、マンションは鉄骨造・鉄筋コンクリート造の建物、アパートは木造の建物がほとんどです。木造のアパートは耐火性・断熱性・遮音性に劣りますが、鉄骨造・鉄筋コンクリート造のマンションに比べると建築コストが安く、家賃も安くなります。

実際に、マンションとアパートの家賃相場を比べると、以下のように圧倒的にアパートの家賃の方が安いです。近所の生活音が気にならない人は、アパートを選ぶと家賃を安くおさえられます。

初期費用をおさえるポイント

家賃のほかにも、住み替えには初期費用がかかります。ここでは、住み替えに関連してかかる初期費用をおさえるポイントについてご説明します。

まず、賃貸物件を借りるときには以下のような初期費用がかかることが一般的です。5、6はケースや物件によって払わずにすむ可能性がありますが、1~4はほぼ必須です。

したがって、1~4の契約に関する初期費用だけで、家賃の4~6ヶ月分の費用がかかってしまいます。

1. 敷金:家賃の1~2ヶ月分

2. 礼金:家賃の1~2ヶ月分

3. 仲介手数料:家賃の1ヶ月分+消費税

4. 家賃・管理費:家賃1ヶ月分

5. 保証料:家賃保証会社を使う場合

6. その他費用:物件による

しかし、最近は"敷金礼金ゼロ"・"仲介手数料無料"・"フリーレント"という物件が増えてきました。こういった物件を選ぶと初期費用が安くすみます。

ただし、敷金礼金ゼロや仲介手数料無料物件のなかには家賃が高めのものもあります。また、フリーレントの場合、一定期間未満の契約解除に違約金を請求するという特約がついていることが一般的です。

初期費用が安くあがるのは助かりますが、のちのち借主の負担が増えることになりかねません。契約時には特約事項の1つ1つを確認してから署名・捺印をするようにしましょう。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward