09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年02月14日
ブログ

古い物件に住むメリット・デメリット

「引越しはしたいけれど、予算があまりない」という方もいらっしゃるかと思います。予算を抑えて物件を検索していると、築年数の古い物件も候補として浮上してきますが、今までそういった物件を借りたことがない人にとっては、どんな住み心地か分からず不安に感じているかもしれません。

そこで今回は、築年数の古い物件を借りる際に注意したいポイントや、古い物件のメリットなどについてお話していきます。

築年数の古い物件の一般的なイメージといえば?

築年数が古い物件というと、どんなイメージをお持ちですか?

・汚い
・見た目が古めかしい
・防音や耐震性能に不安を感じる

一般的には、こんなイメージをお持ちの方が多いのではないかなと。いずれにしても、ネガティブなイメージの方が多いかもしれません。では実際のところ、築年数の古い物件には具体的にどんな特徴があるのでしょうか。

古い物件のデメリットとは?

築年数が古いということは、最近の新しい物件に比べると様々な部分で性能が異なります。主なデメリットを挙げてみました。

1.防音性能が低い

古い物件(特にアパート)は木造であることが多く、どうしても音や振動を通しやすい素材のため、一般的に防音性能については期待できません。

最近のアパートであれば、遮音ボードを入れるなどの一定の防音対策がされているケースもありますが、古いアパートについてはそういった防音対策がなされていない可能性が高いため、多少の音や振動については許容する必要があります。

2.断熱性能が低い

古いアパートは室内の気密性が低い場合もあり、その場合エアコンを使用した際の熱効率が、最近のアパートや鉄筋のマンションなどに比べると低くなってしまいます。

そのため、古いアパートを借りる場合は、冷暖房費がかさむことを考慮した方がいいでしょう。

3.設備が古い

築年数が古い=室内の設備も古くなっている可能性があります。物件によっては、設備が交換されているケースもありますが、次の設備についてはサイズや仕様の問題で、古いままになっている可能性が高いため注意が必要です。

4.浴槽がバランス釜

1990年代以前のアパートに多いのが、バランス釜です。湯沸かし用の釜が浴槽の横に並べて設置されるタイプのため、浴槽が正方形の小さな形になってしまうという欠点があります。

また、リフォームにもそれなりの費用がかかるため、古いアパートの場合は浴室がバランス釜のままになっているケースが多いです。浴室がバランス釜の際、台所に給湯が無い場合もあります。

5.洗濯機置場のサイズが合わない

古い物件でも、室内に洗濯機置場用のスペースや、洗濯機設置用の防水パンが設置されている物件があります。

ただ、古い物件の場合は、洗濯機置場のサイズが、昔の横長な2層式洗濯機にあわせて作られているケースが多く、最近の全自動洗濯機やドラムロール式洗濯機が設置できないことがあるため注意が必要です。

古い物件のメリットとは?

先程は古い物件のデメリットや借りる場合に注意した方がいいポイントをみてきました。では、古い物件を借りることのメリットはどのような点なのでしょうか?

1.リノベーション物件

ある程度築年数が古い物件になってくると、リノベーションをしているケースがあります(当社ではウィステリア武蔵小杉Aやフジコーポで行いました)。

通常は、募集図面やネット広告などにもリノベーション済みの表示がされていますが、不動産会社の情報もすべてが網羅されているとは限らず、古い物件の中にリノベーション物件が紛れ込んでいることもあります。

そのため、古いというだけで敬遠するのではなく、条件に合う物件が見つかったら積極的に内見してみましょう。

2.家賃が安い

古い物件は近隣相場に比べて家賃が低く設定されていることが多いため、予算を抑えて引越しをしたい人には検討の価値がありです。特にリノベーション物件については新築物件よりも家賃が低く、同じような設備の入ったお部屋に入居できるため、非常にお得感があります!

また、古いアパートの場合は畳の和室で押入れがあるタイプのものもあり、最近の洋室のアパートよりも、室内が広かったり、収納が多かったりすることもあります。そのため、家賃を安く抑えたい人はもちろんのこと、低予算で広めの部屋や収納が多い部屋に住みたい人は、古いアパートを選択肢に入れて検討するとよいでしょう。

3.耐震補強工事がされている

1981年より以前の建物については、耐震基準が改正される前に建てられているため、耐震性能に対するリスクがありますが、物件によってはすでに耐震補強工事が施されている物件もあります。

耐震補強工事がされていれば、地震に対するリスクについては最近建てられた物件とほとんど変わらないため、築年数が古くて家賃が安くなる分、お得感が出てくるでしょう。

物件を探す時には築年数を絞らないこと!!

築年数は物件を選ぶ際の、重要な要素の1つであることは間違いありませんが、築年数が古いというだけで、"汚い"・"不安"といったネガティブなイメージを持つ必要はありません。

古い物件には今回ご紹介したような、意外なメリットがあったりしますので、家賃や立地などの条件が合致する場合は、古くても積極的に内見して、築年数以外の情報も含めて総合的に判断することが重要です。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward