09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2019年01月15日
ブログ

連帯保証人が不要?"保証人代行"って?

賃貸物件を借りる際に、必ず必要になってくるのが連帯保証人です。一般的には親などに連帯保証人を頼むことが多いですが、すでに亡くなっていたり、事情があって頼めなかったりすることもあります。その場合、どうすれば賃貸物件を借りられるのでしょうか。

そこで今日は、連帯保証人が不要になる"保証人代行"というサービスについて、お話していきます。

賃貸物件の連帯保証人とは?

まず基本的なことですが、連帯保証人についてです。連帯保証人とは、契約者本人の債務を保証する人のことで、賃貸物件の場合は家賃滞納などがあった場合に、代わりに立て替えて支払う義務を負います。

オーナーや管理会社としては、必ず家賃を支払ってくれるという保証がほしいものです。そのため、賃貸借契約においてほとんどのケースで連帯保証人が求められます。

ただ、どうしても連帯保証人を頼める人がいない場合は、連帯保証人の代わりに"保証会社"や"保証人代行"を利用することで、物件を借りられる可能性があります。

保証会社とは?

連帯保証人が見つからない場合の手段としてよく用いられるのが"保証会社"です。保証会社とは、賃借人が一定の保証委託料を保証会社に支払うことで、オーナーに対して入居中の家賃を保証する会社のことをいいます。保証会社は、オーナーが連帯保証人を必須条件としている一部の物件を除けば、ほとんどの物件で利用することが可能です。

保証委託料については、保証会社によって違いがありますが、家賃の0.5~1ヶ月分の間が相場です。入居後についても1年ないしは2年ごとに、1万円前後の更新料がかかるものもあります。

これに対し、一部の物件では保証会社ではなく"保証人代行"というサービスを利用することで、連帯保証人も保証会社も不要にすることが可能です。

保証人代行とは?

簡単にいうと、連帯保証人としての役割を法人が代行してくれるというサービスです。よく見られるのが、連帯保証人がいない人でもスムーズに部屋が借りられるよう、賃貸物件を管理している管理会社や、仲介に入っている不動産会社が、保証人代行サービスを提供しているケースです。

保証会社は、家賃という債務を保証すること自体を事業にしていますが、保証人代行の場合は、不動産会社や管理会社が、入居を支援するために、保証人を代行しています。

保証人代行のメリット

保証人代行のシステム自体は、一般的な保証会社とそこまで大きくは変わりません。ただ、保証人代行の特徴は、保証を引き受ける会社がその物件を管理している不動産会社や管理会社である可能性が高いことです。

そもそも保証人代行サービスは、不動産会社が自社の管理物件の入居率を上げるために、関連業務として行うケースが多いもの。第三者である保証会社を利用するよりも、審査に融通が利きやすいというメリットがあります。

そのため、保証会社の審査でNGが出た場合でも、保証人代行であれば審査が通る可能性もあるのです。

保証人代行のデメリット

保証人代行を利用できるのは、保証人代行会社が管理している物件などになり、対象となる物件の範囲がある程度限定されます。そのため、自分の気に入った物件が必ずしも保証人代行が使えるとは限りません。

保証人代行会社の中には、不動産会社が運営しているものではなく、個人の保証人をただ斡旋している会社もあるため、気をつける必要があります。こういった会社の中には、形だけ印鑑証明書や実印を揃えて、連帯保証人としての体裁だけ整えたうえで、強引に賃貸借契約を締結させようとすることがあります。また、滞納が生じた場合に、賃借人に対して違法な督促をするケースもあるようです。

保証人を代行するのか、それとも斡旋するのかについては、ホームページなどをよく読めば必ず書いてありますので、単に保証人代行という単語だけを見て判断しないよう注意しましょう。

関連ページ

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日 

arrow_upward