09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2018年12月06日
ブログ

一人暮らしの水道光熱費ってどのくらい?

一人暮らしの水道光熱費は、お部屋も狭いし使用量も少ないからそれほど高くないと安心しがちですが・・・意外と侮ってはいけません。

ガスや水道の基本料金は、物件や住むエリアによって変わるため、一人暮らしを始める前に事前に確認しておきましょう。

今回は、一人暮らしで1ヶ月にかかる水道光熱費の相場などについてです。

水道光熱費とは?

水道光熱費とは、生活に必要な火や水、光などのエネルギーを購入する際にかかる費用のことです。主に電気・ガス・水道のことをいいます。照明や冷暖房をつける、調理する、お風呂に入るなど、生活するうえで欠かせないものとなっています。

ここ最近、さまざまな冷暖房器具や電灯、発電機器等が出てきたこともあり、各家庭の熱源・光源の種類によって光熱費にも差が出てきています。

一人暮らしのためのお部屋を探していると、つい家賃にばかり目がいきがちですが、光熱費も含めて考えるようにしないと、思わぬ出費が生活を圧迫する要因になったりもします。今住んでいる所と同じ間取りでも、光熱費はエリアによってはかなり差がある場合があるので、遠方へ引越しする際は、特に注意が必要です。

一人暮らしで1ヶ月当たりの水道光熱費はどのくらい?

今まで実家に住んでいた人は、光熱費がどのくらいかかるか知らないことが多いと思います。ちなみに一人暮らしの1ヶ月あたりの光熱費は、全国平均で11,380円です。一般的な光熱費であるガス・電気・水道料金の相場は以下の通りになります。

・電気:5,392円

・ガス:3,080円

・水道:2,189円

次に水道光熱費を抑えるためのお部屋の選び方についてお話していきます。

水道光熱費が抑えられるのは地方より都会

ちょっと意外かもしれませんが、ガス代や水道代に関していうと、都会よりも田舎のほうが料金が高くなることの方が多いです。

実際、2017年の総務省の調査によると、1ヶ月当たりのガス代の平均料金は大都市では2,807円、小さな市町村では3,329円でした。水道代は大都市で1,769円、小さな市町村で2,688円になり、ガス代、水道代ともに都市部のほうが抑えられるという結果になりまし

地方よりも都会のほうが光熱費が安くなる理由は、基本料金の違いにあります。物価が安いから地方に住みたいという人も多いですが、水道光熱費については地方のほうが高くかかります。

ガス代は都市ガスのほうが安い

物件を探すときには間取りや家賃の他に、契約しているガスの種類についても確認しておきたいところです。ガスには都市ガスとプロパンガスの2種類がありますが、通常プロパンガスのほうが料金が2~3倍も高いといわれています。プロパンガスの基本料金にはボンベ配送料、保安管理費用などの経費も含まれていることが、高くなる理由の一つです。

また、ガス代には基本料金のほかに、毎月の使用量に応じて価格が変わる従量料金がかかってきます。あまり使わない月は安く、よく使う月は高くなるため、北海道などの寒冷地域ではエアコンをあまり使わない地域よりも必然的に高くなります。

地域によって違う水道代

水道代は、光熱費のなかでも特に地域格差があります。水道料金の極端に安い地域は高い地域の10分の1以下という場合もあります。メンテナンスや水道の設備建設などは、基本的に水道料金でまかなわれているため、一人当たりの負担する費用が少ない人口密集地ほど、水道代が安くなるのです。

地方でも水源となる湖や川が近くにある地域では、水道料金が相場よりもかなり安くなります。水源がない自治体では、水源がある自治体に利用料を支払い水を引いてくる必要があることから、地方でも水道料金に地域差が出てしまうのです。

電気代の節約方法

普段使わないのに、コンセントがついたままの家電製品があると、スイッチが切れていても微量ながら待機電力が発生しています。使っていない家電のコンセントを抜くことを心がけましょう。

また、電気料金プランを見直すのも一つの手です。契約しているアンペア数を小さくすることで、月々の基本料金が下がります。一般家庭のアンペア数は20~60アンペアくらいですが、一人暮らしだと20アンペア程度でも暮らすことができます。

水道代の節約方法

トイレの水を流すときのレバーは大小と分かれていて、少ない水量でいいときはなるべく「小」のレバーで流すように心がけましょう。1日に何度も使用するトイレの節水は意外と重要だったりします。

そして当然のことですが、使い終わったらこまめに水を止める習慣をつけることが大切です。シャワーの出しっぱなしはやめて、食器洗いでも水をためてから洗うほうが節水になります。市販で売られている節水用のシャワーヘッドも効果的です。

ガス代の節約方法

家族が多ければ、浴槽に多く湯を張ることで節約になる場合もありますが、一人暮らしで溢れるほどのお湯は節約にならないでしょう。お湯の量を少なくすることで、ガスの使用量を減らすことが可能です。シャワーで済ませることができるのであれば、そのほうが節水にもガスの節約にもなります。

ガスは、コンロの火を長い時間使うほど消費します。ガス代を節約したいなら、短時間で火が通って完成する炒め物や、電子レンジで作れる煮物など、コンロの使用頻度を減らすように工夫してみましょう。煮込む時間を短縮させることができる圧力鍋などの調理器具を使ったり、少ない水で調理可能な蒸し料理もおすすめです。

また、湯船やシャワーの温度を1度下げるだけでも、ガスの使用量は下がります。夏場は比較的下げやすいかと思います。

以上のようなちょっとしたことを心掛けることが節約につながります!

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward