09:00 - 18:00
毎週水曜日・第三木曜日
2018年11月29日
ブログ

賃貸住宅でのトラブルはどこに相談する?

毎日平穏に過ごせるのが一番ですが、日々の生活を送るなか住まいに関するトラブルに遭遇する可能性もあります。

では、住まいに関するトラブルに遭った場合、どこに相談すれば良いのでしょうか?

設備のトラブルはまず説明書を確認

エアコンや温水洗浄便座といった住まいの設備が故障した場合、まずは取扱説明書を確認してみましょう。トラブルの対処法が掲載されており、簡単な手順で解決するケースもあります。もし手元に説明書がない場合は、メーカーのウェブサイト上で公開されていることもあるのでチェックしてみましょう。

しかし、ガスの臭いがする場合は、窓を大きく開けガス栓を締めたうえで、すぐに契約しているガス会社に連絡しましょう。ガスコンロの近くに、緊急時の連絡先が記載されたシールが貼られているはずです。また、電気の火花で引火する可能性があるため、換気扇や照明のスイッチは入れないようにしましょう。

オーナー・管理会社に相談する

設備の故障や苦情などの生活トラブルは、物件のオーナーか不動産管理会社に連絡しましょう。連絡先は契約書に記載されています。

賃貸物件探しの際に利用した不動産会社は、貸主と借主の契約の仲介を業務としており、物件を管理する管理会社とは異なる場合があります。ただし、中には管理業務を行っているケースもあるので、契約書を確認しましょう。分からない場合は、不動産会社に連絡すれば教えてもらえます。

設備の修理費用は誰が負担する?

賃貸物件でエアコンや給湯器などの設備が故障した場合、貸主と借主のどちらが修理費用を負担するのでしょうか?

この取り決めは契約ごとに異なるため、賃貸借契約書を確認しましょう。取扱説明書に従わない間違った使用法による故障や、故意に壊した場合を除き、修理費用は貸主が負担すると定められているのが一般的です。

また、契約書内で設備に含まれていない機器(残置物など)の場合は、自然故障であっても借主の負担になる可能性があります。

生活トラブルを相談する際のポイント

生活トラブルを管理会社などに連絡する際は、相談内容を大まかにメモしてから連絡しましょう。また、トラブルを解決に導くために、証拠(写真や動画など)や関連する資料(契約書・メモなど)を可能な限り用意しておくのがおすすめです。

 

マンションやアパートの空室にお困りの方は、藤伸興業までお問い合わせ下さい!
野川の地で30年以上培ってきた経験とスキルで、オーナー様をサポート致します。
そして、不動産の売却・賃貸募集の際には大手業者が分譲マンションを紹介するかのようなホームページで物件紹介を行い、ポータルサイトにも物件情報を素早く公開し集客を致します。
もちろん、ご相談やホームページ掲載費用等は一切かかりません!

藤伸興業株式会社
TEL:044-755-5565 メール:info@toshin-k.co.jp
ホームページ:https://toshin-k.co.jp
定休日:毎週水曜日・第三木曜日

arrow_upward